777投稿集 2167103


対外戦争で勝った事が一度も無い中国とロシアはこういう手口で領土を乗っ取る

1:777 :

2022/07/04 (Mon) 02:20:57

対外戦争で勝った事が一度も無い中国とロシアはこういう手口で領土を乗っ取る


2022年07月03日
沖縄と北海道に仕掛けらた罠 香港とウクライナになる可能性

「沖縄は中国の一部で沖縄人は中国人」「中国に”復帰”すれば良い事がたくさんある」
こんな嘘を沖縄人に信じさせることで中国は沖縄占領をねらっています。
占領後の沖縄人はウイグル人やチベット人、ウクライナ人のようになります

画像引用:https://vox.hatenablog.com/entry/2016/12/23/174320 中国の意向を受けた活動家が沖縄独立に動いている実態が公安調査庁の報告で明らかに - 井戸端会議・瓦版



沖縄の夢が悪夢に替わる日

2022年2月25日にロシア軍はウクライナに侵攻し、ウクライナは領土の2割ほどを占領され奪還の見通しはたっていません。

独仏伊の3か国はウクライナに降伏をうながし、ロシア占領地を譲渡して停戦するべきだと主張しています。

このパターンの停戦は1953年の朝鮮戦争停戦があるが、その後アメリカ軍は70年間韓国に駐留し無料で韓国を防衛してきた。



朝鮮戦争そのものもアメリカ軍と北朝鮮・中国軍との戦争で、実際の話韓国は「朝鮮戦争」に参戦しませんでした。

韓国軍は創設したばかりで弱すぎたので、米軍などの後方支援をしたり、国内で北のスパイ狩りなどをしていました。

ウクライナは韓国とは異なり米軍は最初から駐留しておらず、ロシア軍侵攻後も参戦を拒否し、今後も兵士の派遣をしないと言っています。


1950年の韓国になぜ米軍が居たのかは日本軍が招待したからで、1945年の日本は38度線でソ連軍と対峙し、今にも軍事衝突が起きそうでした。

終戦前のアメリカは半島を占領するつもりがなく、ソ連が占領するものだと考えていたらしいです。

だが米軍によって輸送船をすべて撃沈された大陸の日本軍は帰国手段がなくなり、ソ連軍と対峙しながら米軍に占領してもらう計画を立てた。


日本軍が粘っている間に米軍はノロノロと前進し、1945年9月にやっとソウルに達しそのまま南北国境になりました。

1945年に米国はソ連に対日参戦を要求し、ソ連は見返りに日本の東半分と大陸側すべての占領を要求した。

もしソ連軍の行動が現実よりも素早かったら、韓国や東京や北海道はソ連領になっていました。



香港・ウクライナと沖縄・北海道

中国は1945年には影も形もなかったが、どういう訳か中国の後継国家になりすまし多くの領土を獲得していった。

ウイグル・モンゴル・チベット・長江以南や東シナ海の島、台湾や沖縄や朝鮮半島、果てはインドまで「中国固有の領土」だと言っています。

中国はイギリスのサッチャーを脅して香港を手に入れ、2020年に新型コロナを口実に自治権を廃止して中国に組み入れた。


最初香港の人達は「領有権が中国に移っても自由は保障される」と考えたが、雨傘運動を経てそんなのはあり得ないと思い知らされた。

話は変わるがウクライナの南部や東部では毎回のように10万人以上が都市に取り残され、ロシア軍によって攻撃されている。

彼らもまた「ロシア軍が来ても”人道的扱いを受ける”」ような夢を描いていて、現実によって打ち壊された。


1945年に満州に居た数百万人の日本人も「ソ連軍が攻めてきても今までと同じ生活が保障される」ように考えていたが、ソ連に捕らえられた人の8割以上がなくなりました。

人はこんな風に戦争に負けたり占領されるのを楽観的に考えがちだが、必ず自分が甘かったのを後悔します。

今そんな妄想を描いているのが沖縄の人達で、「独立したらいい事がいっぱいある」「中国の一部になったら沖縄は特別待遇を受ける」などと思っています。


香港やチベットを見たら予想できると思うのだが、「ロシアは人権を保障する筈」だと思っていたウクライナ人と同じ目に遭います。

中国やロシアはまず征服したい国にこうした夢をふきこみ、「ロシアや中国の一部になったら良い事がいっぱいある」と信じ込ませる。

一部の人が「自分たちはロシア人や中国人だ」と主張し始め、ある日軍隊が進駐しすべてを奪われ、住民は北極圏やゴビ砂漠に移住させられます。


今ロシアが狙っているのはアイヌ人で、「アイヌは日本に植民地支配されているロシア人」だと主張しています。

あなたの周りにも「歴史的にここは中国の一部で、私たちは本当は中国人なんだよ」と得意げに語る人が現れたら要注意です

1970年台の学生暴動も、こんな風に中国が思想闘争をしかけて学生らを操り、日本を赤化しようとしたと言われています
https://www.thutmosev.com/archives/88515478.html



中国人は有史以来、戦争に勝ったことが無いが、人口爆弾で他国を乗っ取ってきた:


漢民族は戦争にめちゃくちゃ弱いので、むやみに人数を増やして集まる。
それが始皇帝の兵馬俑で、北方の蛮族より弱かった。

引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/62/20/97ae91cd74d02dab5763add74c395063.jpg


ユーラシア大陸の真ん中に陣取っている中国とロシアは、有史以来ほとんど戦争に勝った事が無い。


中国とロシア(ソ連)は外国に出て行って戦争に勝ったことが一度も無い。

もしかしたら紛争程度の小競り合いでは勝っているかも知れないが、国同士の戦争ではない。

その代わり内陸の領土に敵を誘い込んで、補給を絶って包囲するような戦いを得意としている。


勝てない中国

中国も同様で、秦の始皇帝が初の国家を作ってから、その領土を守っているだけで、対外戦争で勝った事はほぼない。

モンゴル帝国は強かったが、あれは「モンゴル」が植民地にしたので、中国は植民地側でした。

局地的には朝鮮半島で勝利を得たりしているが、必ず朝鮮の統治者に追い出されています。


ベトナムなどインドシナ半島には何度も侵攻しているが、やはりほとんど勝った事が無い。

台湾にすら負け、日本軍にはコテンパンに負け続け、何度も植民地になっています。

清国はイギリスとの戦争に負けて植民地化したが、その清国がそもそも中国を植民地化し征服した国です。


清国は女真族といい、いわゆる中国人とは別の人種で、満州人、満州民族とも言います。

だから辛亥革命で清国を倒したとき、中国人たちは異民族による植民地支配が終わったと言って喜んでいた。

さらにその前には、「中国人」とは北京周辺に住む黄河文明起源の人たちの事で、長江周辺の長江文明とは別な国だった。


今日「中国が発明した」と言っている文字とか火薬とか印刷とかは、ほとんどが長江文明の発明で長江こそ先進地域でした。

黄河文明はただの植民地、蛮族という位置づけで日本や半島と比べても先進地域ではなかった。

この黄河文明起源の「現在の中国人=漢民族」は粗野で教養が低く、戦争に弱いという特徴を持っています。


戦争に勝てなくても領土を増やす方法

そんな漢民族がなぜ中国を支配できたかというと、長江文明や半島や日本よりも、圧倒的に人口増加率が高かったからでした。

稲作によって大量の食料を得て、子作りに励んでついに女真族やモンゴル族、長江人を数で圧倒して吸収したのでした。

長江文明の子孫である長江人は、漢民族に押し出されるようにして、現在のインドシナ半島に住んでいると言われています。


漢民族の戦略はまず人口を爆発的に増やし、歩いて敵国に侵入して住み着き、その国を支配して領土化します。

これなら戦争に勝つ必要がなく、例えば女真族が住んでいた旧満州では、人口の99%は漢民族になったとされています。

女真族は戦争では圧倒的に強かったが、人口を増やさなかったので漢民族の侵入で吸収されてしまいました。


チベット、ウイグル、内蒙古、旧満州など多くの周辺民族をこの方法で倒してきました。

半島に住んでいる朝鮮民族も最初は中国の東北部に住んでいたが、漢民族が移住してきて追い出されて、歩いて半島にやってきた。

台湾島も島民が住んでいた場所に、多くの漢民族が移住してきて、今では人口の95%以上を移住者の子孫が占めている。


このように中国からの移民や移住者を受け入れるのは、他の国の住民を受け入れるのとは、重大さがまったく違う。

中国の場合は移住は軍事戦略であって、住民を移住させて国を乗っ取り、それから軍隊で占領するのです。
http://thutmose.blog.jp/archives/66023396.html

 

▲△▽▼

移民は「侵略」に活用されてきました。この種の「侵略」が歴史的に得意なのは、中国です。中国は「洗国」という侵略手法を得意とします。

 洗国とは、支那大陸において中華帝国が「他国」を乗っ取る際に多用される伝統的な侵略手法です。まずは、国内の流民を数十万人規模で「対象国」に移住させる。当初は「外国人労働者」として、いずれは「移民」として、膨大な人民を送り込み、現地に同化させていく。やがて、支那本国から官僚が送り込まれ、その国・地域を中華帝国の支配下に置く。


 洗国とは、人口を利用した外国侵略なのです。


 今この瞬間も、チベットやウイグル(東トルキスタン)で行われているのが、まさにこの洗国です。


 チベット人男性やウイグル人男性を中国国内に散らばらせ、現地に同化させる。さらに漢人をチベットやウイグルに送り込み、現地の女性と結婚させ、これまた同化させてしまう。やがては、現在の満州(旧:女真族の国)同様に、国境線が実質的に消滅し、中国の一部として支配が始まる。


 今風に言えば、民族浄化(エスニック・クレンジング)で、明らかに国際犯罪です。とはいえ、現実に中国共産党はチベット人やウイグル人に対する洗国をほぼ完成させ、台湾にもじわじわと浸透していっています。


 そして、我が国にも。
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12415662357.html


▲△▽▼

コーカソイドだった黄河文明人が他民族を征服して、男は皆殺し、女は性奴隷にしてレイプしまくって生まれた子供の子孫が漢民族

皇帝たちの中国 第1回 「中国人はどこから来たのか」宮脇淳子 田沼隆志【チャンネルくらら】 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=3aMilIlLcgQ&list=PLIL3IzoDnZkg6QBLzdm8ajRllsfHlK-PX


黄河文明人 Y-DNA「O2」(旧「O3」) は元々はメソポタミアに居た麦作牧畜が生業のコーカソイド。

黄河周辺のモンゴロイド民族を征服して、男は皆殺し、女は性奴隷にしてレイプしまくって生まれた子供の子孫がモンゴロイド化した漢民族。


▲△▽▼


日本人のガラパゴス的民族性の起源

  黄河文明の古代遺跡から発掘される人体はコーカソイドの特徴を持っていることは、考古学ではよく知られています。 これは寒冷地適応や黄砂適応を獲得するまえのY-DNA「O3」はY-DNA「CF」の子孫としてふさわしい彫深の外観であったことを示しています。

同様に典型的なフラットフェースのモンゴル人Y-DNA「C3c」も、本来は兄弟亜型Y-DNA「C2」と「C4」のニューギニア先住民やアボリジニと同じく いかつい彫深顔であったことが容易に推測できます。これほど寒冷地適応は厳しい環境要因だったのです。


  アイヌ民族のmtDNA「Y」はオホーツク文化で古代アイヌ民族を征服した古代ニヴフ族がもたらしたものでしょう。 その古代ニヴフ族は東北アジア系Y-DNA「C3c」のツングース系かモンゴル系と考えられます。

明治期でもアイヌ人男性の一部はコーカソイドと考えられたほど端正な顔立ちだったので、 いづれにせよ寒冷地適応を獲得する前の東北アジア集団が北海道に渡ってきたことになります。
http://garapagos.hotcom-cafe.com/0-2.htm
2:777 :

2022/07/04 (Mon) 02:33:58

ロシアは領土を手に入れると住民をシベリアや砂漠など極限地に移住させてロシア人を入植し、ロシアの領土にする。


2022年04月23日
ロシア人はなぜ自由のために政府と戦わないのか

自由がない国では無いのが当たり前で、ロシア人は疑問にすら思わない

ロシアが目指している事が判明

ソ連時代からあるロシアのインタファクス通信によると、ドンバスと同国南部の完全掌握を計画しているとロシア軍高官が語った。

ロシア中央軍管区のルスタム・ミネカエフ副司令官が4月22日に述べたもので、東部と南部ではロシア軍が占領地域を拡大している。

同副司令官は2014年に併合したクリミアとドンバスの間に陸上回廊を構築することを計画しているとも述べた。

ウクライナ南部を支配することで、ウクライナの西側にあるモルドバの親ロシア地域とのアクセスが向上するとも述べた。

トランスニストリアはモルドバ東部のロシア人が多い地域で、ロシア人が多い理由はソ連時代に住民を追い出して入植したからです。

ロシアのタス通信によるとミネカエフ副司令官は、トランスニストリアでロシア系住民が抑圧されている証拠があると述べた。


これらの発言で分かるのはロシア軍やロシア政府の高官は、徹底して自分達の欲望を基準に物事を考えている。

トランスニストリアはウクライナの親ロシア派が「独立国」を名乗るように、沿ドニエステル共和国を名乗っている。

モルドバは1990年にソ連崩壊で独立したが、同時に親ロシア地域が独立国を名乗り、今もロシア軍が駐留している。


帝政ロシア、ソ連、新ロシアと国が変わっても植民地政策は同じで、ロシアは領土を手に入れると住民をシベリアや砂漠など極限地に移住させる。

民族の存在が邪魔だからで、少数民族を移住させてロシア人を入植し、ロシアの領土にする。

おそらく北海道がロシア領になると今の北海道住民は零下40度くらいの極地に移住させ、ロシア人を住まわせる。


そうすれば住民は全員ロシア人になるので統治しやすく、少数民族の独立運動に悩まされる事も無い。

ちなみにアメリカはハワイの住民の99%以上、本土先住民の99%がなくなり、入植したヨーロッパ人が作った国です。

それを現在進行形でやっているのがロシアで、ロシア人以外の住民は結局砂漠や北極圏や離島、極端な貧困地域に追いやられ自然消滅する。

ロシア人の常識は宇宙人と地球人くらい違う

ロシアが目指しているのはウクライナの一部地域などではなく、拡大し続け他民族を排除し、ロシア人しか居ない世界を作ろうとしている。

そこでは民主主義や投票権はなく、監視下で強制されて投票し、誰を支持するかも強要される。

それでいて人々は「自主的に投票しています」「心からロシアを愛しています」などと言わされる世界です。


有史以来ロシアに自由があったのは、皮肉にもロシア革命前後とソ連崩壊前後の無政府時代でした。

何らかの政府ができると人々はすぐに自由を奪われ、すべてを強制される世界に変わっていく。

ロシアの人々は有史以来こんな政府しか経験がなく、強制されたり自由を奪われるのを当たり前だと考えている。


ロシアという国では人々が侵略されたり生まれ故郷を追われたり、財産を奪われたり家を破壊されるのも当たり前になっている。

自分の国の軍隊が民間人を攻撃して数十万人がなくなったり、住民を数万人連れ去ったり、ひどい事をしてもロシア人はなんとも思わない。

世界には2種類の国があり、一つは日米欧の先進国の世界で人権や権利が保障され、自由に発言し自由に生きれる。


こうした国に住んでいるのは人類の2割ほどで、後の8割は自由や権利がなく、権力者に支配され奪われるだけの国です。

ろくでなしの国と呼んでいるが、そうした国の国民は政府が酷い事をするのが当たり前なので、何かが良くなる事もない。

北朝鮮を見て日本人は「なんで人々は抵抗しないのだろう」と思うが、一度自由を奪われてしまうと、自由を取り戻そうという発想すら奪われる。


日本人が政府批判するのは政府を批判する自由があるからで、それすら奪われた国では誰も政府を批判しない
https://www.thutmosev.com/archives/88088108.html  


▲△▽▼


プーチンとロシア軍は新露派勢力があったドンバス地方(ドネツク州とルガンスク州)の完全解放が目的だと言っている。
一度味をしめた強盗は何度も押し入る

ただこの連中は侵攻当初は「ウクライナ全土を占領する」と言っていたので、都合によってコロコロ発言を変えます。

ドネツク州とルガンスク州にはロシア系住民が多く、ロシアはロシア系住民がウクライナに迫害されていると主張し、解放すると言って侵攻してきた。

ドンバス地方にロシア系住民が多い理由はソ連時代の植民地政策で、住民を追い出してロシア人を入植させたからでした。


ドンバスから追い出されたウクライナ人は千島列島やシベリアに強制移住させられ、北方領土の住人としてたまにテレビに映る。

イスラエルがパレスチナ人を追い出して入植し、「住民を保護する為」と言って色々な事をしているのと同じです。
https://www.thutmosev.com/archives/88085954.html


▲△▽▼


2022年04月24日
他国に制服されるとはどういう事で、何が起きるか?
ロシアは占領地のウクライナ人をロシア兵にし、ウクライナ人同士で戦わせている


ウクライナ人を連行しロシア兵として派兵

ロシアによるウクライナ侵攻は北部と西部で失敗し、南部と東部で国境に近い地域を占領しロシアによる統治が始まっている。

東部最大の都市で最大の激戦地マリウポリは90%以上がロシア支配地になり、住民への身分証発行が始められた。

マリウポリではロシアが発行した身分証を携帯しないと市内の移動ができず、外出すると逮捕されたり撃たれる可能性もある。

水や食料の配給がされたとしても、身分証が無い人は受け取れず、それどころか捕まって連行されるでしょう。

身分証は希望者全員に配布されるのではなく、審査を受けて合格者だけに支給されます。

マリウポリから脱出した人の証言によると、ロシアに対して友好的な思想を持つ人ににだけ身分証を発行し、反抗的な人には発行しない。


友好的かどうかは知人や近所の人の証言で確認し、おそらく近所の1人でも「反ロシア的だった」と証言すると別室に連行される。

審査は男女別でその場で審査されるのは女性住民だけ、男性は別の施設に移動してもっと厳しい審査を受ける。

証言した男性は逃げ出したので、”別の施設”で何が行われているのかは分からない。


欧米メディアの報道によると約50万人が住んでいたマリウポリで、ロシア占領後に5万人以上がロシア領に連れ去られた。

連れ去られた男性のウクライナ人が徴兵され、「ロシア兵」としてウクライナに送り込まれ、ウクライナ人同士が戦わされている。

まるでアニメの中のような事が現実に行われていて、女性や子供も大勢ロシアに連行されている。

降伏し占領されるとこうなる

CNNによるとあるマリウポリの女性住人はロシア軍に包囲され、脱出するため新ロ勢力に投降しロシア領に連れていかれた。

移動場所の選択肢は与えられず、途中で何度も”身体検査”を受けて、住人は少人数に分割され最後は数人になった。

近所の女性は子供の男子が母親と別な場所に連行され、少年は「ロシア軍兵士」にされてウクライナに派兵される可能性がある。


移住先の療養所では外出を許されテレビを見れたが、テレビは100%ロシアが正しく「ウクライナの犯罪」だけを報じている。

療養所の近所の住人は全員が「ウクライナがいかに悪い事をしたか」だけを彼女にいうので、強い圧力を感じた。

結局彼女は療養所から抜け出してバルト諸国からイタリアに脱出したので、CNNに証言する事が出来た。


だが脱出が成功したことでロシアの監視は強化されるはずで、次の人々は刑務所や強制収容所に入れられる可能性が高い。

審査に不合格になった男性はどうなるかと言うと、やはりロシアに強制連行されるが、行き先は兵士としてウクライナに派兵されるか、刑務所か墓地でしょう。

占領地に残った人はどうかと言うと、マリウポリの自宅でロシア占領下に入った男性は、数十年築いてきたすべてを奪われた。


家は物理的に破壊されているし、土地の所有権もロシアが決める物であって、ロシア政府が認めない限り土地の所有権が無い。

国が変わる事で一切の権利が無効になり、例えば元大阪府知事の弁護士は「降伏すれば権利保障される」と言っているが、国が変わるので権利は無効になります。

弁護士資格は国によって認定されているので、彼はロシア占領下では弁護士資格がなく、元大阪府知事でもない。


今まで支払ってきた年金も無効になるし保険証も使えなくなり、日本政府のパスポートもただのゴミになる。

警察署や警察官も国が変わるので無効化され、ロシア兵に何をされても訴える裁判所がないし捕まえる警察官も1人もいません。

米軍占領下の日本でも同じ状況で、日本の警察官には逮捕権がなく弁護士には弁護士資格がないので、乱暴されるのを見ているだけでした。


こういうのが占領であり降伏です

https://www.thutmosev.com/archives/88089824.html


▲△▽▼


2022年06月27日
ロシア軍に降伏した都市の『平和』とは
降伏すると自分がやってきた事を「悪事」と決めつけられ
全てを奪われ、子どもを人質にされ自分の国と戦わされます


投降者を「救出」や「捕虜」と言う詭弁

2022年6月25日、東北最大の都市セベロドネツクは南東部マリウポリの陥落後激戦地になっていたが、ロシア軍が100%占領したと両国が発表した。

セベロドネツクでもマリウポリ製鉄所のように、化学工場に立てこもって戦う兵士と民間人がいたが、全員が脱出またはロシア軍に捕らえられた。

マリウポリ陥落時にウクライナ政府は「製鉄所の兵士と民間人を救出した」と発表したが嘘で、実際には全員がロシア軍に捕らえられた。

いわゆる「捕虜」は戦時国際法で保護される人だけを差し、ロシアは捕らえたウクライナ兵をテロリストとして処罰しているので、捕虜には該当しない。

ロシアは捕虜の扱いをさだめた戦時国際法条約に加盟していないので、ロシアが住民や民間人に人道的扱いをするのは、最初からあり得ないのです。

「投降した兵士や住人は平和に暮らしています」のような事もすべて作り話で、ロシアに連行された人がどこでどうなったのか情報は皆無です。


ウクライナのベレシチューク副首相は22年6月20日、ロシアによって子供24万人と住民120万人が連行されたと発表した。

人数の真偽は不明だが侵攻当初からロシア軍によって多数の住人が連れ去られ、子どもも相当数連れ去られたのが分かっている。

途中で脱出したり解放された人の話によると、ロシアに反抗的な住人はロシアの刑務所に入れられたり、収容所に収容された。


母子が連行されて別々に移動し、母親は僻地に居住させられ、子どもは数千キロも離れた学校に通わせられた例もある。


子どもは学校でロシア人として教育され愛国心を持たせ、ウクライナ人はテロリストだと教えられます。

すでにこうしてロシアによって間違った思想を植え付けられ、ウクライナへの憎しみを表明する「ロシアのウクライナ人」が出現している。

母親は子供を人質に取られながらロシア人として生き、父親は子供を人質に取られてロシア兵として徴兵され、ウクライナに派兵されてウクライナ軍と戦わされている。


こんなのが降伏や投降の現実で、テレビで評論家がしゃべるような「降伏による平和」はどこにもありません

降伏後の『平和』

マリウポリなどロシア軍占領下になった都市てはロシア政府が身分証を発行し、身分証を持たずに外出するのは禁止されています。

身分証を持っていないのは敵兵士やスパイ、テロリストと見なされて捉えられて正当ではない扱いを受ける可能性が高い。

その身分証はロシア政府発行のもので、それを持っている人は「ロシア国民」であるとロシアは説明しています。


ロシア国民になった住民はロシア人として愛国心を強要され、ロシア国旗に敬意を表しロシア国歌を歌うよう強要されています。

もしロシアに敬意を表明するのを拒否すると反ロシア思想を持つ証拠になるので、やっぱりロシアの刑務所などに連行されます。

身分証を持っていると配給を受けられるのだが、ロシア軍にすら食糧や衣類が行き渡っていないので、その10倍にも達する住民に配給する物資はありません。


マリウポリに残った住人の証言によると「すべてが中世に戻ったような暮らし」だということです。

ロシア軍は砲撃によって電気、ガス、水道などのインフラを全て破壊し、家も破壊し屋根と壁がある建物がなくなりました。

残った住民らは屋根や壁に穴が開いた建物に集団で暮らし、雨水を飲んだり草を食べたりして生存しています。


住民が所有していた不動産はロシアが接収し、ロシア政府が認めない限り土地も家も元の所有者のものではありません。

秩序が回復したらロシアは住民をロシアの僻地に移住させ、マリウポリやセベロドネツクにはロシア本土からロシア人を移住させます。

10年後には占領された都市の住人の半数は「ロシア人」に入れ替わっていて、めでたくロシア化が完了する。


北極圏などに移住させられた住民のウクライナ人は、次第に数を減らしていき数世代で絶滅します

こういうのが降伏後の『平和』です
https://www.thutmosev.com/archives/88475380.html


▲△▽▼


ウクライナ東部に住んでいたウクライナ人は千島列島や樺太に移住させられ、替わりにロシア人が入って来た

2022年03月13日
ロシア軍はウクライナの市民を標的にし始めた

もしウクライナがロシアに降伏するとどうなるか

北部国境に近いハリコフではロシア軍は病院、学校などを含む都市部に無差別攻撃していて、住民は地下鉄や地下壕に避難している。

黒海に近い南部メリトポリ市、やはり黒海沿岸のヘルソンがロシア軍に占領され、国境に近い村の多くも占領されている。

ロシア軍は今の所ウクライナ軍との戦闘で忙しく、本格的な住民への弾圧を行っていない。


だが旧ソ連や現代のロシアでもそうであるように、「暇になったら」秘密警察や公安などが住民を敵のスパイとして弾圧する。

ところでウクライナ東部にはロシア系住民が多いが、どうしてこうなったかというとソ連の民族政策のためです。

共産主義は民族や伝統のようなものを毛嫌いし、根絶する為に民族を他の土地に移住させ、別な民族を移住させた。


ウクライナ東部に住んでいたウクライナ人は、なんと千島列島や樺太に移住させられて現在も北方領土などで暮らしている。

替わりにウクライナに移住させられたのはロシア人や他民族で、そうする事で民族意識を根絶しようとしました。

ウクライナがロシアの支配下になったり一部を割譲すれば、住民に待っているのは北極圏や千島列島や砂漠地帯への移住です。


替わりにロシア人を入植させ、いつの間にかウクライナ人と入れ替わり、ロシアはウクライナへの支配権を確固たるものにします
https://www.thutmosev.com/archives/87931733.html  


▲△▽▼


2022年05月30日
ロシアが占領地で住民を樺太や千島列島に移住させている

ロシア側に設置された選別キャンプ、ウクライナ住民はここで取り調べを受け、北極圏や離島に運ばれる

画像引用:https://www.cnn.co.jp/world/35188070.html CNN.co.jp _ ウクライナ人数十万人、ロシア僻地に強制移住 樺太に移送も

ロシア軍による占領とは

ロシア軍はウクライナ東部ドネツク州とルガンスク州で多くの町を占領し、いくつかの都市を占領下においている。

先日陥落したマリウポリでは「廃墟観光ツアー」が実施され、多くの避難民がなくなった劇場跡などを見て回ったという。

それはともかく占領地ではロシア化が進められ、ロシアが住民に何をしているのかも伝わってきている。


ロシア軍や親ロ派は以前からマリウポリやクリミアから逃げてくる避難路に検問所を設置し、避難を妨害している。

ある一家はクリミア方面からキエフ方面へ車で逃げようとしたところ、検問所に引っ掛かり取り調べを受けた。

姉妹は兵士の「好みに合わない」と釈放されたが、父親はスマホ履歴を消去していたという理由でなぐられ失明した。


別の女性はマリウポリから避難路を通ってウクライナに行こうとしたらロシア軍につかまり、ロシアに連れていかれた。

一緒に連行された母子は途中で母と子がひきはなされ、最後は全員ばらばらに小さな町へ移送され診療所に入れられた。

女性は監視が甘く外出もできたため、彼女は国境まで移動して東欧の国に脱出した。


最近ロシア軍は東部の検問所で1万円から2万円の「通行料」を取り、取り調べと称して金品を奪ったり、暴行を働く場合もある。

CNNによるとロシア軍占領地で拘束されたウクライナ人数十万人が、ロシア側の僻地に移住させられている。

これは侵攻当初から行われていて、ロシア軍が占領するとまず外出を禁止し身分証を発行する。

ロシアによる選別と移住の実態

外出したり配給を受けるには身分証が必要なので出頭すると、「選別キャンプ」と呼ばれる場所で取り調べを受ける。

スマホの履歴や他の住民の証言から、親族にウクライナ兵が居たり反ロシア的だった住民があぶり出される。

反ロシア住民に選別されると「運が良くて強制移住」運が悪ければあの世に送られる。


こうした場合中国、ソ連、東ドイツ、北朝鮮など共産主義国は住民同士を互いに密告させて戦わせ、住民間で対立を起こさせて支配してきました。

他の人を密告しなかった人は要注意人物とされるので、多くの住民は家族に兵士が居る人や、反ロシア活動をした人を密告した筈です。

選別された人はロシア側に輸送されるが、そこで都市や町の収容所に入れられた後、 最終居住地に運ばれます。


居住地は商店が無いような山奥やへき地と決まっていて、北極辺や離島などが多いとされている。

ソ連はウクライナを支配した後、同じようにウクライナ人を千島列島に送り、ウクライナにロシア人を移住させました。

プーチンが言っているウクライナのロシア系住民とは、住んで居たウクライナ人を樺太や千島に移住させ、ウクライナにロシア人を入植させたものです。


なので千島列島や樺太には元ウクライナ人だった人や子孫が多く、彼らの先祖は強制移住させられたのです。

こういう事を100年以上もやってきたのがソ連とロシアです
https://www.thutmosev.com/archives/88273177.html
3:777 :

2022/07/04 (Mon) 03:47:55


2022年07月04日
ロシアがウクライナで行った”飢餓統治”とは

1930年台、ソ連はウクライナ農民からあらゆる食糧を奪いつくした。
その結果ウクライナ人はソ連に従うようになった
これが大陸の統治メカニズム

https://www.politispress.gr/kosmos/i-oykrania-kai-o-limos-toy-holodomor-toy-lamproy-papadi/



国民は飢えるほど権力に従う

最近ロシア軍がウクライナで農作物を奪っているとか、それを港湾で積み出して外国に輸出しているという話を聞いたことがあると思います。

ロシアとウクライナの2国で小麦の生産量1億トン以上、今年はロシア軍侵攻によってウクライナの小麦生産量が半減しています。

ロシアは世界最大の小麦生産地を握る事で石油や天然ガスのように戦略物資を手に入れ、ロシアに従う国にだけ輸出しようとしています。

ロシアは欧州の天然ガスの4割を輸出し、ロシアに従わなければ輸出しないと脅しをかけています。

実際にドイツ、フランス、イタリアの3か国は「エネルギーを確保する為にウクライナが負けた方が良い」と公然と言っています。

欧州の主食は小麦と肉ですが、これまたロシアやウクライナへの依存度が高いので、禁輸されると食糧危機になります。


それだけではなくアフリカ諸国はロシア、ウクライナへの食糧依存度が高いので、食糧危機や飢餓が発生する可能性が高い。

こうした理由で国連機関やロシアへの依存度が高い国は、「ウクライナ負けろ!!」の大合唱をしています。

彼らはウクライナが負けてロシアに統一されれば、エネルギーや食糧を元通りに輸入できると考えています。


ロシアはソ連時代の1930年台、ウクライナを支配する為に食糧を奪い取り、意図的に飢餓を引き起こす政策をやりました。

この事件はホロドモールの名で知られ、ソ連はウクライナ全土で農民から穀物を奪い取り、300万人以上がなくなった。

別にソ連は食糧が欲しかった訳ではなく、ウクライナ人を飢えさせる目的だけで食糧を奪い、奪った食料は捨てたり腐らせました。



ロシアの伝統的統治法

一見不合理に見えるこの政策はユーラシア大陸では一般的で、中国の歴代皇帝や李氏朝鮮、中華人民共和国や北朝鮮もやっています。

中国では1950年台に毛沢東が「大躍進」政策をやり、推定5000万人もの人が飢えのためになくなったと言われています。

毛沢東はソ連と同じように農民から食糧を奪い取ったり食糧を捨てさせたので、ある村では村びと全員がなくなったりしました。


そんな事をすれば民衆が蜂起し国が亡ぶのは日本や欧米など封建国家の考えで、ユーラシア大陸ではそうなりません。

彼らの国では飢えた民衆は最低限の残った食糧を奪われないために、皇帝や王や独裁者に従うようになります。

李氏朝鮮では2年に一度飢饉が発生していたが、これは失敗ではなく王は意図的に農民を飢えさせていました。


最低限の食糧さえ奪われた農民は、最後のジャガイモや雑草を奪われないために、より従順に王に従うようになりました。

中華人民共和国も大躍進で滅んだりせず、却って共産党の権力は安定し、人々は国家に忠実に従うようになりました。

ユーラシアの国はこんな風に国民を統治しているので、ウクライナを占領したロシアが飢餓を作り出すのは分かり切った話なのです。


たとえウクライナ人1000万人がなくなたっとしてもロシアにとって「良い話」であり、残った人がロシアに忠実に従うだろうと考えるのです

これと正反対の統治をしたのが日本で、半島、満州、沖縄、北海道などで「絶対に農民を飢えさせない」を国是にしていました。

意外な事に人々はより自分たちを飢えさせた方の権力に、従順に従うのです
https://www.thutmosev.com/archives/88525972.html
4:777 :

2022/07/04 (Mon) 09:49:19

ベリヤが支配した国はこうなる:

ドイツとロシアにはさまれた国々、ポーランド、ベラルーシ、ウクライナ、バルト諸国、西部ソ連地域(=ブラッドランド)において、ヒトラーとスターリンの独裁政権は、1933年~1945年の12年間に1400万人を殺害した。


ブラッドランド : ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実 – 2015/10/15
ティモシー スナイダー (著), Timothy Snyder (原著), & 1 その他
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E4%B8%8A-%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3-%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E5%8D%98%E8%A1%8C%E6%9C%AC/dp/4480861297
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E4%B8%8B-%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3-%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E5%8D%98%E8%A1%8C%E6%9C%AC/dp/4480861300/ref=sr_1_fkmrnull_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3+%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F&qid=1555198794&s=books&sr=1-1-fkmrnull


▲△▽▼


【犠牲者1400万!】スターリンとヒトラーの「ブラッドランド」1933~1945
http://3rdkz.net/?p=405


筑摩書房の「ブラッドランド ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実」(ティモシー・スナイダー著)によれば、ドイツとロシアにはさまれた国々、ポーランド、ベラルーシ、ウクライナ、バルト諸国、西部ソ連地域(=ブラッドランド)において、ヒトラーとスターリンの独裁政権は、1933年~1945年の12年間に1400万人を殺害した。

この数字は戦争で死亡した戦死者は一人も含まれていない。戦闘による犠牲者ではなく、両政権の殺戮政策によって死亡した人々だ。犠牲者の大半はこの地域に古くから住まう罪もない人々で、一人も武器を持っておらず、ほとんどの人々は財産や衣服を没収されたうえで殺害された。


筑摩書房「ブラッドランド」を読み解きながら、この地域で一体何が起こったのかまとめたい。


ブラッドランド=”流血地帯”はどういう意味を持つか

ブラッドランドは…

・ヨーロッパユダヤ人の大半が住んでいた

・ヒトラーとスターリンが覇権をかけて争った

・ドイツ国防軍とソ連赤軍が死闘を繰り広げた

・ソ連秘密警察NKVD(内務人民委員部)とSS(ナチス親衛隊)が集中的に活動した

…地域である。

ブラッドランドにおける主な殺害方法

1400万人殺したといっても、高度なテクノロジーは一切使われておらず、野蛮な方法であった。

ほとんどは人為的な飢餓による餓死である。

その次に多いのは銃殺である。

その次に多いのはガス殺である。

ガスも高度なテクノロジーとは無縁であった。ガス室で使用されたガスは、18世紀に開発されたシアン化合物や、紀元前のギリシャ人でさえ有毒だと知っていた一酸化炭素ガスである。

ウクライナの人為的飢餓テロー犠牲者500万人

http://3rdkz.net/?p=405


1929年~1933年にかけて餓死したウクライナ農民の死亡率。赤は25%以上。ほぼ全滅した村も多くあった。

1930年代初頭、第一次五か年計画、集団農場化を焦るスターリンは、反抗的なウクライナ農民を屈服させるために飢餓を利用した。

年間770万トンにも及ぶ血も涙もない食糧徴発作戦により、少なくとも500万人のウクライナ農民が人為的な飢餓に追い込まれて死亡した。

食料徴発隊は共産党員、コムソモール、地元の教員・学生、村ソヴィエトの理事や議員、OGPU(合同国家政治保安部)で構成された《ブリガーダ》と呼ばれる作業班で、ほとんど盗賊と変わらなかった。作業班は家から家へと渡り歩き、家の中を隅から隅まで探し、屋根裏や床を破壊し、庭を踏み潰し、棒を突っ込んで穀物を探した。

村でも街でも国の組織にハッパをかけられ、残虐行為が広がっていた。
http://3rdkz.net/?p=405


ある妊娠中の女性が小麦を引き抜いたとして板切れで打ちすえられ死亡した。
三人の子供を抱えた母親は集団農場のじゃがいもを掘り出したとして警備員に射殺された。子供たちは全員餓死した。
ある村では穀物をむしり取ったとして7人の農民と14歳と15歳の子供達3人が銃殺された。

《ブリガーダ》は狂ったように食物を探しまわり、飢餓によって手足の浮腫が生じていない農民の家を怪しんで捜索した。しまいにはサヤエンドウ、ジャガイモ、サトウダイコンまでも取り上げた。餓死したものたちも瀕死の者たちも一緒になって共同墓地に放り出された。

人々の餓死は1933年初春に最高潮に達した。


雪が解け始めたとき、本物の飢餓がやってきた。人々は顔や足や胃袋をふくらませていた。彼らは排尿を自制できなかった・・。今やなんでも食べた。ハツカネズミ、ドブネズム、スズメ、アリ、ミミズ・・骨や革、靴底まで粉々にした。革や毛皮を切り刻み、一種のヌードル状にし、糊を料理した。草が生えてくるとその根を掘り出し葉や芽を食べた。あればなんでも食べた。タンポポ、ゴボウ、ブルーベル、ヤナギの根、ベンケイソウ、イラクサ・・

33年の冬までに、ウクライナの農民人口2000~2500万人のうち、4分の1から5分の1が死んだ。
彼らは孤独のまま、極めて緩慢に、なぜこんな犠牲になったのかという説明も聞かされずに、自分の家に閉じ込められ、飢えたまま置き去りにされ、ぞっとするような死に方をしていったのだ。



ある農家はまるで戦争であった。みんな他を監視していた。人々はパンのかけらを奪い合った。妻は夫と、夫は妻といがみ合った。母は子供を憎んだ。しかし一方では最後の瞬間まで、神聖犯すべからざる愛が保たれていた。四人の子供を持った母親・・彼女は空腹を忘れさせようとして子供におとぎ話や昔話を聞かせてやった。彼女自身の舌は、もうほとんど動かないのに、そして自分の素手の腕さえ持ち上げられないのに、子供らを腕の中で抱いていた。愛が、彼女の中に生きていた。人々は憎しみがあればもっと簡単に しねることを悟った。だが、愛は、飢餓に関しては、何もできなかった。村は全滅であった。みんな、一人も残っていなかった。



大粛清ー犠牲者70万人以上

ウクライナ大飢饉が一息ついた1934年1月、ナチスドイツとポーランドが不可侵条約を結んだ。当時のソ連はドイツ、ポーランド、日本という3つの宿敵に囲まれている形であった。ドイツとポーランドが手を結んだ今、ソビエト領内のポーランド人や少しでもポーランド人と関わりを持つ者は全てスパイとなった。

同年12月、レニングラード党第一書記キーロフが暗殺された。彼はスターリンにつぐナンバー2の権力者だった。スターリンはこれを最大限利用し、国内に反逆勢力がいるということを強調した。あたかも陰謀が常に存在するかのように。だがキーロフ暗殺の黒幕はスターリンその人であることが疑われている。

また、スターリンは集団農場化の大失敗によって引き起こされたウクライナの大飢饉を、外国のスパイ勢力の陰謀のせいだと主張した。


1936年、スターリンの妄想に付き従うものは重臣たちにさえ多くなかった。そんな中、ポーランド人のニコライ・エジョフという男がスターリンによってNKVD長官に任命されると、この男は反体制派とされる人々を嬉々として自ら拷問にかけ、手当たり次第にスパイであると自白させて銃殺にした。

1937年にはスターリンに歯向かうものは国内にいなかったが、依然政敵のトロツキーは外国で健在であり、ドイツとポーランドと日本という、いずれもかつてはロシア帝国やソビエト赤軍を打ち負かした反ソ国家に囲まれていた。スターリンは疑心暗鬼に囚われた。ドイツとポーランドと日本が手を携えて攻めてくるかもしれない……トロツキーが(かつてレーニンがそうしたように)ドイツ諜報機関に支援されて劇的にロシアの大地に帰還し、支持者を集めるのではないか……今こそ一見無害に見える者たちの仮面をはぎ取り、容赦なく抹殺するのだ!1937年の革命20周年の記念日に、スターリンは高らかにそう宣言した。

ポーランド人やドイツ人、日本人、またはそのスパイと疑われた人々や、元クラーク(富農)や反ソ運動の嫌疑により、約70万人の国民がスターリンとエジョフのNKVDによって銃殺された。また数え切れないほどの人々が拷問や流刑の過程で命を落とした。

粛清の範囲は軍や共産党やNKVDにまで及び、国中がテロに晒された。

殺された一般国民は全員、荒唐無稽な陰謀論を裏付けるために拷問によって自白を強要された無実の人々であった。

大粛清開始時のNKVD上級職員の3分の1はユダヤ人であったが、1939年には4%以下となっていた。スターリンは大粛清の責任をユダヤ人に負わせることを企図し、事実ヒトラーがそう煽ったように、後年ユダヤ人のせいにされた。こうしてのちに続く大量虐殺の布石がうたれたのである。


ポーランド分割ー犠牲者20万人以上

1939年ブレスト=リトフスク(当時はポーランド領)で邂逅する独ソの将兵。両軍の合同パレードが開催された。

1939年9月中旬、ドイツ国防軍によってポーランド軍は完全に破壊され、戦力を喪失していた。極東においてはノモンハンにおいてソ連軍が日本軍を叩き潰した。その一か月前にはドイツとソ連が不可侵条約を結んでいた。世界の情勢はスターリンが望むままに姿を変えていた。

ヒトラーはポーランド西部を手に入れて、初めての民族テロに乗り出した。

スターリンはポーランド東部を手に入れて、大粛清の延長でポーランド人の大量銃殺と強制移送を再開した。
http://3rdkz.net/?p=405&page=2


ソ連の場合、チェーカーやゲーペーウーを前身に持つエリートテロ組織であったNKVDや、革命初期の内戦期からテロの執行機関であった赤軍がヒトラーよりもっとうまくやった。

ソ連軍は9月中旬、50万の大軍勢を持って、既に壊滅したポーランド軍と戦うために、護る者が誰もいなくなった国境を超えた。そこで武装解除したポーランド将兵を「故郷に帰してやる」と騙して汽車に乗せ、東の果てへ輸送した。

ポーランド将校のほとんどは予備役将校で、高度な専門教育を受けた学者や医師などの知識階級だった。彼らを斬首することにより、ポーランドの解体を早めることが目的だった。

同じころNKVDの職員が大挙してポーランドに押し寄せた。彼らは10個以上の階級リストを作成し、即座に10万人以上のポーランド民間人を逮捕。そのほとんどをグラーグ(強制収容所)へ送り、8000人以上を銃殺した。またすでに逮捕されたポーランドの高級将校たちを片っ端から銃殺にし、ドイツの犯行に見せかけた。そして家族をグラーグへ追放した。銃殺された者は20000人以上、将校の関係者としてグラーグへ送られた者は30万人以上とされる。そのほとんどは移送中の汽車の中や、シベリアやカザフスタンの収容所で命を落とした。

独ソ双方から過酷なテロを受けたポーランドでは、20万人が銃殺され、100万人以上が祖国を追放された。追放された者のうち、何名が死亡したかはいまだ未解明である。
http://3rdkz.net/?p=405&page=3




抵抗の果てに

戦争後期、ソ連軍はドイツ軍を打ち破って東プロイセンへ侵入した。そして彼らは目に付く全ての女性を強姦しようとした。その時点でドイツ成人男性の戦死者数は500万人にのぼっていた。残った男性はほとんど高齢者や子供で、彼らの多くは障害を持っていた。女性たちを守る男はいなかった。強姦被害にあった女性の実数は定かではないが数百万人に及ぶと推定され、自殺する女性も多かった。

それとは別に52万のドイツ男性が捕えられて強制労働につかされ、東欧の国々から30万人近い人々が連行された。終戦時までに捕虜になり、労役の果てに死亡したドイツ人男性は60万人に上った。ヒトラーは民間人を救済するために必要な措置を一切講じなかった。彼は弱者は滅亡するべきだと思っていた。それはドイツ民族であろうと同じだった。そして彼自身も自殺を選んだ。

ヒトラーの罪を一身に背負わされたのが戦後のドイツ人であった。新生ポーランドではドイツ人が報復や迫害を受け、次々と住処を追われた。ポーランドの強制収容所で死亡したドイツ人は3万人と推計される。1947年の終わりまでに760万人のドイツ人がポーランドから追放され、新生ポーランドに編入された土地を故郷とするドイツ人40万人が移送の過程で死亡した。


戦間期のスターリンの民族浄化

独ソ戦の戦間期には、対独協力の恐れがあるとみなされた少数民族の全てが迫害を受けた。

1941年~42人にかけて90万人のドイツ系民族と、9万人のフィンランド人が強制移住させられた。

1943年、ソ連軍がカフカスを奪還すると、NKVDがたった1日で7万人のカフカス人をカザフスタンとキルギスタンに追放した。更にNKVDはその年の12月には、2日間で9万人のカルムイク人をシベリアへ追放した。

1944年にはNKVD長官ベリヤが直接指揮を執って、47万人のチェチェン人とイングーシ人をわずか一週間で狩り集めて追放した。一人残らず連行することになっていたので、抵抗する者、病気で動けない者は銃殺され、納屋に閉じ込めて火を放つこともあった。いたるところで村が焼き払われた。


同年3月、今度はバルカル人3万人がカザフスタンへ追放され、5月にはクリミア・タタール人18万人がウズベキスタンへ強制移住させられた。11月にはメスヘティア・トルコ人9万人がグルジアから追放された。

このような状況であったから、ソヴィエトと共に戦ったウクライナやバルト諸国やポーランド、ベラルーシでもNKVDの仕事は同じだった。赤軍や新生ポーランド軍は、かつては味方だったパルチザンに対して牙をむいた。少数民族や民族的活動家はのきなみ捕えられ、同じように東の果てに追放されたのだった。その数は1200万人に及んだ!

おわりに

長年、ドイツとロシアにはさまれた国々の悲惨な歴史に圧倒されていた。これ以上恐ろしい地政学的制約はないだろう。ドイツとソ連の殺害政策によって命を失った人々は、誰一人武器を持たない無抵抗の民間人は、それだけで1400万人に及ぶ。もちろんこれは戦闘による軍人・軍属の戦死者は含まれていない。またルーマニアやクロアチアやフランスの極右政権によって虐殺されたユダヤ人やセルビア人は数に含まれていない。

ドイツとソ連の殺害政策は、偶発的に起こったのではなく、意図的に明確な殺意を持って引き起こされた。その執行機関はNKVDであり、赤軍であり、ドイツ国防軍であり、ドイツ警察であり、ナチス親衛隊だった。その殺し方は飢餓が圧倒的に多く、その次に多かったのが銃で、その次がガスである。


激しい人種差別と階級的憎悪、独裁者の偏執的かつ無慈悲な実行力が両国に共通に存在していた。

海に囲まれた我が国には、人種差別がどれほどの暴力を是認するものなのか、階級憎悪がどれほどの悲劇を生んできたのか、ピンとこない。

知ってどうなるものでもないが、この恐ろしい歴史を興味を持ったすべての人に知ってもらいたい。
http://3rdkz.net/?p=405&page=4
5:777 :

2022/07/04 (Mon) 09:57:28


アメリカは終戦後わざと日本人を飢えさせた


醜い戦後 終戦後とはどんな世界だった?
空襲でホームレスになり上野駅に避難した人達
引用:http://livedoor.blogimg.jp/abechan_matome/imgs/3/d/3df4faa4-s.jpg


アメリカはわざと日本人を飢えさせた

テレビや映画や小説では「戦後」は美しいものの同義語で語られていて、まるで理想郷のように描かれている。

そこでは貧しいながらも人々は協力して生き、戦後の復興をなしとげたとされている。

またGHQは困窮した日本人に食料を支給して助け、民主主義を与えたとも言われている。

          
こうした物語は映画やドラマの中だけで十分であり、事実とは程遠いか、正反対だった。

GHQは日本人に食料を与えるどころか奪い取ってわざと飢えさせて、日本人を従わせる手段に用いていた。

戦争前後は食糧難だったのはよく知られているが、戦時中に日本国内で(朝鮮台湾でも)飢えて亡くなった人や、その危険はなかった。


都会の人は空襲で疎開したが、農村には食べるものがあり、十分ではなかったが飢餓状態などではなかった。

それが戦争が終わって平和になり、アメリカ軍が占領したら食料が足りなくなり、「来年は1000万人が食糧不足で亡くなる」と総理大臣が警告する事態になった。

多くの要因があるが最大のものはアメリカ合衆国自体で、戦争の報復としてわざと日本人を飢えさせていました。


占領軍による妨害で日本は食糧の輸入ができなくさせられ、生産活動も制限され、経済破綻しました。

農業も経済の一部なので、国が経済破綻すると農業生産が停止して、食糧不足に陥ります。

終戦の昭和20年から昭和25年まで、日本はほとんどの工業生産を禁止され、前近代社会になりました。


経済破綻するように仕向けた

戦前から存在する設備を更新することは出来ず、農業生産に支障を来たし、外地に出兵した男達は中々帰ってきませんでした。

「戦争が終わって平和になった」と書いたが、そのこと自体が日本経済を破綻させる原因を作り出しました。

戦争中はあらゆる兵器をフル生産していたが、それが8月15日を境に全面停止になり、一切の生産活動が停止した。


困った日本政府は紙幣を印刷して「金融緩和」したが、激しいインフレを引き起こしました。

物を生産していないのにお金だけばらまいたからだが、当時の日本政府は他にどうする事もできなかった。

あらゆる工場が全て操業停止、鉄道は空襲で破壊しつくされ交通網が分断され、労働者たる男達は外地に居るか戦犯として逮捕されていた。


空襲によって東京など都市部の多くの人は家を失ってホームレスになっていて、路上や公園などで生活していました。

この頃アメリカ本国では、日本人のこうした窮状を伝えては「楽しんでいた」のが分かっています。

自分たちが倒した敵が飢えて苦しんでいるのを見て面白がっていたのが、本当の戦後の世界でした。


一例として占領軍は広島や長崎の被爆者を診療したが、治療をせずに「治療するふり」をして、どのように悪化するか観察しました。

生産活動が禁止され輸入も禁止されているので、復興が進まずホームレスが溢れているのも、無論そうなるように仕向けていました。

さらに占領軍は日本人同士が憎み会うように、心を破壊する政策を実行していました。


アメリカは日本人の食料を絞り上げた上で、自分の手で少し援助した。
援助を受け取った人達はアメリカに感謝し日本を憎むよう仕向けられた。
enjo
引用:http://blog.nihon-syakai.net/blog/wp-content/uploads/img2011/enjo.jpg


美しくない戦後

NHKというラジオ放送局(当時唯一のラジオ)で「真相はこうだ」という日本軍や戦前の日本の暴露番組を放送させました。

内容は日本軍がいかにアジア人や欧米人に酷い事をしたかという物だったが、内容は全て嘘だったのが分かっています。

だが当時の日本人はこうした「真相」を信じ、日本人同士で憎みあったり攻撃するようになりました。


愚かなことに「こんな酷い日本を倒してくれて有難う」「原爆を投下してくれて感謝します」とアメリカ軍に感謝する連中すら大勢居た。

人々は最初アメリカ軍を鬼畜だと思っていたが、食料を恵んでくれるので、感謝するようになっていった。

実は占領軍はわざと食料を絞り、日本人を飢えさせてから、犬を手なずけるように「餌」を与えていきました。


学校では子供たちに「日本は悪の国」「アメリカは正義の国」と教え込み、拒否する教師は戦犯として逮捕しました。

じゅうたん爆撃や原爆で数百万人が犠牲になり、本来なら犯人であるアメリカ人を憎むべき所なのだが、次第に日本のせいだと思い込むようになった。

終戦時に外地には日本軍数百万人が存在したが、ソ連や中華民国の捕虜になった日本兵は、洗脳した順番から帰国を許された。


集団学習や反省、謝罪(今日使われるような軽い意味ではない)などで日本は悪の国と教え込み、拒否したものは永遠に帰国できなかった。

アメリカ軍の捕虜になると多少ましだったが、戦犯として裁かれ、やはり徹底して「日本は悪の国」と教え込んだ。

こうして「日本に原爆を落としてくれて有難う」などと言う日本人が大量生産され、この人達が現在の左翼になっていきます。


この状況が1948年まで続き、1950年に朝鮮戦争が勃発して、急にアメリカは日本の工業力や日本軍の軍事力を必要とするようになります。

ここから日本側の発言力が強まって復興へと繋がっていくのだが、戦後数年間の占領が長く日本を蝕むことになります。
http://www.thutmosev.com/archives/72011631.html
6:777 :

2022/07/04 (Mon) 15:55:29

あげ045
7:777 :

2022/07/08 (Fri) 09:49:10

2022年07月08日
ウクライナ全土の征服と思想改造目指すプーチン

ロシア軍の支配地域

画像引用:https://www.bbc.com/japanese/62046331 プーチン氏、ウクライナでの攻撃継続を指示 東部ルハンスク州掌握後 - BBCニュース

ロシア軍は占領地域で農家から穀物を奪い、外国に輸出したり放置して腐らせたりしています。

1930年台のソ連もウクライナを占領して同じ事をしていて、食べ物を奪って住民を飢えさせるのが目的でした。

ロシア伝統の少数民族統治法は、このように食べ物を奪って捨てて、飢えさせることで従順になるように『しつけ』ていました。

ロシア軍が食べ物を奪うのは、食糧が欲しいとか輸出してお金に替えるとかの目的ではなく、住民を飢えさせるのが目的です
https://www.thutmosev.com/archives/88546644.html
8:777 :

2022/07/11 (Mon) 09:17:12


2022年07月11日
ウクライナ人の不幸はロシア軍に降伏してから始まる

セベロドネツクには約8000人が残っているが、今後意図的な飢餓状態に置かれた上、北極圏などに移住させられ最終的に絶滅させられます

画像引用:https://www.ndtv.com/world-news/russia-ukraine-war-ukraine-fighting-for-every-metre-of-severodonetsk-president-zelensky-3061759



ロシア軍が今占領地でやっている事

元大阪府知事の橋下轍は「最初から降伏すればよかったのに抵抗するから死者が出ている。ウクライナが悪い」と不思議理論で人気を得たが、事態はそれどころではない。

22年5月に東部の南端マリウポリが陥落し6月にセベロドネツクが陥落、7月にはリシチャンシク陥落と次々にロシア軍が占領した。

ロシア軍は長距離砲で都市を廃墟にして住民がいなくなってから占領し、占領後も住民保護や医療や食料の提供をしていません。





ロシア軍は住民を強制収容所に入れて選別し、反ロシア的な住民はロシアのどこかに連れ去り、刑務所や収容所に収容したと言われている。

都市の居住を許された住民は「中世のような生活」をしていて、水や食料、トイレなどの確保にも困窮している。

それどころかロシア軍は占領した農村や都市で食糧を強奪しており、奪った食料を船積みして外国に輸出して換金しています。


これは金や食料が欲しいなどの動機ではなく、100年以上前の帝政ロシア時代や、ソ連時代にも少数民族に対して行っていました。

ロシアの伝統的な少数民族統治法は農家から穀物など食糧を奪い、意図的に飢えさせて飢餓状態を作り出し反攻できなくなります。

全員がなくなってもそれでいいし、生き残った住民をさらに弾圧し、徹底的に打ちのめして絶対にロシア人に反抗できなくします。


今ロシア軍が占領地で行っているのがこれで、全ての家から食糧を奪い、農家が蓄えた穀物を奪い、何もかも奪いつくして抵抗できなくしています。

セベロドネツクの軍政トップ、オレクサンドル・ストリュク氏は7月8日、市内の人道状況は近いうちに「壊滅的」になると警告した。

インフラの大半は復旧が不可能な状態で衛生状況が劣悪、ポンプ場や下水の装置も損傷している。


もちろんロシア軍は住民を苦しめて屈服させるのが目的なので、わざわざ直したりはしません



侵攻はウクライナ絶滅の第一段階に過ぎない

セベロドネツク市は侵略前の人口約10万人だったが、現在も8000人近い住民が残って生活している。

市の職員は全員が市外に避難し、ロシア軍は学校を再開しようとしているが教師や復旧にあたる人も残っていません。

ロシア軍が早期に住民投票を実施する計画で、実際には「ロシアへの編入に賛成」する権利しかなく、例え反対票を入れてもカウントされない。


住民投票で住民全員がロシア編入に賛成するので、ロシアは占領地域を正式にロシア領に編入します。

ここから本当の住民弾圧が開始され、ウクライナ人同士を密告などで争わせ、対立を起こさせて組織としての力を奪っていきます。

次にウクライナ人を北極圏や北方領土、砂漠など2度と帰れない場所に移住させ、同時にロシア人を占領地に移住させて支配階級にします。


10年もたつと一部の住人が入れ替わり、数世代で住民の半数ほどがロシア人になっています。

住人の過半数がロシア人になるとその土地はロシア固有の領土になり、完全支配が完了します。

こうした一連の流れの第一段階がロシア軍の侵攻で、降伏したら終わるどころか降伏してから北極に移住させられウクライナ人は絶滅させられます。
https://www.thutmosev.com/archives/88566044.html
9:777 :

2022/07/28 (Thu) 12:19:46

平井宏治 _ 中国大軍拡は日本の技術の賜物
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14027019

【河添恵子】酷すぎる...中国人の民度とモラルの低さには驚きました
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14008379

妙佛 DEEP MAX - YouTube 動画
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14008391

宮脇淳子 皇帝たちの中国史・日韓近現代史 - YouTube 動画
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14008388

中国は共産主義国ではなく古来からの皇帝が支配する儒教国家
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14008459

中国に投資して儲かる可能性は完全にゼロ
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14017339
10:777 :

2022/12/11 (Sun) 18:31:32

安くなった日本の土地… いま、中国人富裕層が 「京都の不動産」を続々と買い占め始めた
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14071801
11:777 :

2022/12/18 (Sun) 15:59:57

自衛隊は世界の軍隊の中で 一番 強かった
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14073570
12:777 :

2022/12/19 (Mon) 08:42:09

中国人が日本領土爆買い 「北海道は中国32番目の省になる
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14073746
13:保守や右翼には馬鹿しかいない :

2023/03/12 (Sun) 10:25:30

「弱きをくじいて強者を助ける」のが中国のヒーロー
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14054873
14:保守や右翼には馬鹿しかいない :

2023/03/18 (Sat) 14:38:47

なぜ軍事国家は現実の戦争に弱いか?
2023.03.18

長州征伐で集まった幕府軍15万人は命令されたから集まっただけで戦意はゼロだった

これが独裁国家の軍事大国


画像引用:https://jaa2100.org/entry/detail/030246.html 明治まであと3年(1865)▷【長州征伐】 _ ジャパンアーカイブズ – Japan Archives
見掛け倒しの軍事大国

歴史のパラドックスとして軍国主義の軍事大国は一見強そうだが戦争に弱く、民主的な国は弱そうだが実際の戦争になると強い

1904年の日露戦争でイギリスだけが日本の勝利を予想し肩入れし、もしイギリスの支援がなければ日本は戦艦や大砲や軍資金を用意できず負けていた

イギリスが日本勝利を予想した理由は日本の方が民主的でロシアは非民主的だからで、当時民主主義国は非民主主義国の戦争でほぼ負けなしだった

その悪夢を最初に経験したのは大英帝国で植民地のアメリカが1775年に独立戦争を起こしイギリス軍は惨敗、民主化された軍隊の強さを身をもって体験した

1803年にイギリスにとって再び悪夢となるナポレオン戦争が始まり、世界最初の民主化された近代組織の軍隊が全欧州を暴れ回った

その波は日本にもやってきて幕末1865年の長州征伐で幕府軍は15万人で攻め込んだが実質500人ほどの奇兵隊に惨敗し逃走した


長州藩は近代兵器を揃えていたとされるが幕府軍も諸国から鉄砲などを購入し、装備の点では劣っていなかったが長州藩のほうが民主化されていた

長州藩の高杉晋作は身分に関係なく兵士とする奇兵隊などを創設し農民や下級武士を集めて組織化し、美東町の大田・絵堂で迎え撃った

現場の兵力は幕府軍3000名程度に対し長州軍は約500名、初戦の敗退を聞いた15万人の幕府軍は逃走しここから幕府崩壊が起きた

幕府軍の問題点として古来から戦場で戦うのは少数の武士だけで、大半の足軽は荷物運びにすぎず家に帰ると農作業があるので戦う意欲を持たなかった

農村集落には一つの村から何人のように徴兵されるが、農民には特に戦う理由がなく勝っても恩賞が貰えるわけではないので戦意は低かった

武士階級の旗本八万騎は人数だけは多いが出兵義務はなく出陣するかどうかは自由意思で、戦場に出なかったから切腹になったりはしない



軍事国家は戦争に弱い
旗本などの武士は先祖が徳川家康から土地の管理権を貰った家柄だが、徳川家や幕府に雇われているのではなく自分の土地で自給自足していた

幕府への忠誠心はなく戦争など迷惑な事だと思っていたので初戦の絵堂で敗れるとそれを口実に全員が敵前逃亡した

長州の農民兵はまったく違い、長州藩や自分の村を守るために戦っていたので戦意が非常に高く効率の良い組織になっていた

現代の軍事国家や独裁国家は強そうに見えるものの兵士らの戦意はゼロで、それはロシア軍とウクライナ軍を見ても分かる

ロシアは2000年以降選挙を行っておらず人々はプーチンに命令されてプーチンに投票しただけで、民主主義は機能していない

こういう国の軍隊では兵士は江戸時代の足軽のようなもので、迷惑な戦争が早く終わって家に帰る事しか考えていない

ウクライナは混乱した国だが親ロシア派の大統領を国民の暴動で排除し民主的な選挙を行い、そのせいでロシアの恨みを買い侵攻された

ウクライナのほうがロシアより民主的なので、わたしは侵攻初日からウクライナが勝ちロシアは負けるだろうと予想しました

現実は予想よりウクライナがかなり苦戦しているが、最終的にウクライナが勝つという予測は変わっていません

軍事国家や独裁国家は国民に戦意がなく非効率で、人々は独裁者から命令されて協力的に振舞っているが本心からそう思ってはいません

軍事国家や独裁国家は極度に利己的なため民主国家のような同盟国がなく、民主国家は互いに信頼感があるので同盟国が多い

ウクライナに同盟国はないが多くの民主国家はウクライナに協力していて、軍事国家や独裁国家はロシアに協力しています

だが独裁国家陣営は互いに信頼していないので、ロシアを支援すると言っても自分の利害に一致するときだけで「相手の為に身を切る」ことは絶対にしません

結局のところ軍事国家や独裁国家は国際的に孤立し仲間の独裁国家からも裏切られて崩壊に至るのが世界の歴史でした
https://www.thutmosev.com/archives/2481779.html
15:保守や右翼には馬鹿しかいない :

2023/05/17 (Wed) 10:51:27

中国富裕層が担い手に、斜陽の国内温泉旅館-外国人所有が4割へ
萩原ゆき
2023年5月15日
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2023-05-15/RUIVQ5T0G1KW01

静岡県熱海市に戦後、憧れの新婚旅行先だった温泉旅館がある。1934年に開業し、吉田茂元首相ら政財界の要人も愛用した「つるや旅館」だ。尾崎紅葉の小説「金色夜叉」に登場する「お宮の松」の正面に位置する。80年代にかけて団体旅行でも人気だったが、2001年の閉館後は廃虚となり熱海衰退のシンボルとも呼ばれた。

  この跡地を香港に本社を置くグローリー・チャンピオン・エンタープライズ・リミテッドが17年に買収し、約250億円かけて改修。全87室に温泉風呂とバトラー(執事)がつく高級宿「熱海パールスターホテル」として昨年9月に開業した。

relates to 中国富裕層が担い手に、斜陽の国内温泉旅館-外国人所有が4割へ
熱海パールスターホテルSource: The Atami Pearl Star Hotel
  少子高齢化による働き手不足や経営者の高齢化、施設の老朽化などが重なり温泉旅館の廃業が相次いでいる。この担い手として台頭しつつあるのが中国富裕層だ。新型コロナウイルス禍で経営が悪化して積極的な銀行融資が見込めない中、相場の倍近い高値もいとわない中国資本が売却先として魅力を増している。

  物件仲介も手掛けるホテル旅館経営研究所の辻勇自所長は、高齢となった旅館経営者から海外への売却依頼が増え、同時に中国系資本からの紹介依頼も急増していると指摘。「今後10年間で温泉旅館の外国人所有率は4割程度になる」との見通しを示した。問い合わせは19年から増加傾向にあり、香港に拠点を持つ富裕層の割合が急増しているという。

  中国からの投資が増える背景には習近平政権の政策がある。アリババグループ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏をはじめ、不動産やテクノロジー、金融などへの締め付けを強めた結果、警戒感を強めた富裕層が世界各国への資産移転を始めた。

中国・香港からの関心が急増
日本の温泉旅館を購入希望


出所:株式会社ホテル旅館経営研究所

潤沢な資金
  太平洋を一望する関西の温泉宿の経営者(78歳)は、3年前に働き手不足のため旅館を手放す決意をした。

  約5億円で売りに出すと国内からは半値なら買う、との回答が1件のみ。売却先を中国に広げると5社が手を挙げ、買値を上乗せする業者もあった。うち2社は中国人富裕層の資産管理会社だ。交渉中のため、匿名で取材に応じた。

中国人富裕層の海外移住加速、巨額資本流出の恐れ-ゼロコロナ解除で

  学習院大学経済学部の渡辺真理子教授は、中国共産党が学習塾の非営利化を進めるなど教育への介入を始めたことで富裕層が投資だけでなく移住を視野に入れ始めたと指摘する。在留資格を得ることで国外で子供の教育機会が得られるためだ。

  中国から日本への移住では、「経営管理ビザ」や「高度専門職ビザ」の在留資格の取得や相談が増えている。継続的に安定した事業を行うことが要件のため、旅館の買収と経営をセットで検討するケースも増えている。

経営管理ビザ取得者の半数超が中国籍
コロナ隔離中も微減にとどまる


出所:政府出入国管理統計

中国籍に台湾在住者は含まない

  海外投資家向けに不動産紹介やコンサルティング事業を行うパープル・キャピタルの管翼代表取締役は、同社が仲介した富裕層はポルトガルやギリシャなど世界数カ所で同時に在留資格を取り、それぞれ現地流のサービスを徹底していると指摘。日本でも大規模修繕で老舗旅館の付加価値を高めて日本人を雇用しており、利ザヤ目的に短期間で転売するとのイメージはあてはまらないとしている。

  1980年をピークにホテル・旅館の施設数は減少してきた。政府は海外からの旅行客を増やそうと2008年に観光庁を設立し、翌年から中国人にも個人観光ビザの発給を開始。その後も政府は訪日客増を成長戦略の柱に位置付け、18、19両年は1年間で3000万人を超えた。

  しかし、部屋食を提供する温泉旅館はインバウンド需要を十分に取り込めないままコロナ禍に直面し、負債を抱えての事業継続が難航している。

熱海再生
  中国資本の買収が地域の再生につながる例も見られ始めた。熱海のパールスターホテルでは、運営を任された日本人スタッフが開業前から熱海市と対話を重ね、食事を提供しない「泊食分離」形式を取った。宿泊客に地域の飲食店で料理を楽しんでもらうためだ。

  経営戦略室の大川真美支配人は、新婚旅行先として人気だった時代を知る世代だけでなく、初めて日本を訪れる海外客にも「今の熱海の魅力を知ってもらうこと」が経営戦略でもあると述べた。

  熱海市の人口は約3万4000人。年間約300万人が訪れるが旅館食の提供により飲食店や地元の農漁業者への恩恵は限られていた。熱海市観光建設部の立見修司次長は、観光客向けに地産地消のメニュー作りが進めば野菜農家や漁業者の販路確保となり、高齢化の歯止めにつながる可能性もあると歓迎する。

relates to 中国富裕層が担い手に、斜陽の国内温泉旅館-外国人所有が4割へ
熱海パールスターホテルの客室Source: The Atami Pearl Star Hotel
  最大の課題である「働き手不足」の解消も進むとみている。「定休日」を設けて従業員を休ませる宿が増える中、世界水準のサービスでインバウンドを呼び込む外資は、平日の宿泊需要を増やして収益の平準化に寄与する。海外で「熱海」がブランド化すれば、繁忙期に頼らない経営は他の旅館にも波及する。

  熱海市の宿泊客数は1969年度の532万人をピークに減り続け、2011年度に約250万人に半減した。2000年代はゴーストタウンとやゆされたが、シニアの団体旅行を想定したプロモーションを個人客向けに切り替えたことで、新型コロナ感染拡大前の18年度には309万人にまで回復していた。

インベスト・ジャパンはどこへ
  中国資本に宿を託したいが周囲の偏見を恐れて二の足を踏む経営者も多い。箱根でペンションを経営する50代のオーナーは1980年代に企業の保養所を買い取って年1000万円程度の収益を得る運営をしてきたが、老朽化による建て替え費用が捻出できずにいる。

  老朽化した施設は資産価値がないと敬遠する日本人より、設備投資を惜しまず旅館経営を引き継いでくれる中国資本を選びたいのが本音だという。オーナーは中国資本への売却検討が知られると偏見による批判を受ける可能性があるとして匿名で取材に応じた。

  学習院大学の渡辺教授は、タイやベトナムが中国からの投資を自国の経済発展につなげているのに対し、日本は反中国感情が阻害要因となって投資魅力を失わせていると指摘。政府が「インベスト・ジャパン」を掲げるのであれば、リスク管理を助言できる民間のコンサルタント会社を活用するなど中国資本の取り込みを模索すべきだと語った。

  観光庁の宿泊旅行統計によると、3月の宿泊者数は前年同月比49%増ののべ4973万人。うち外国人は同23.9倍の789万人だった。政府は4月、30年までに対日直接投資100兆円を目指して海外から人材や資金を呼び込むアクションプランを公表している。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2023-05-15/RUIVQ5T0G1KW01
16:保守や右翼には馬鹿しかいない :

2023/05/18 (Thu) 12:44:08

中国人富裕層が東京や地方不動産を爆買い
2023.05.18
熱海のホテルなどを中国人資産家が次々に購入している


爆買いの新常態

爆買いは2015年ごろから19年の観光ブームで来日した中国人観光客が、目を見張るような買い物をするのを差し最初は炊飯器などの家電を持って帰っていた

すぐにアリババなど中国のネット市場で購入できるようになり、爆買いの対象は化粧品や医薬品やマスクなど移り変わって行きました

20年から22年は新型コロナによって中国は海外旅行を大幅に制限していたが、23年になって解禁され今後訪日数の増加が予想されている

中国はいくつかのの階層に別れていて一番下が農民戸籍だが彼らは貧しいので海外旅行せず日本人の目に触れる事も無い

2番目が都市戸籍の都市住民で年収は100万円前後のような層だが、彼らは海外でお金を使うほど豊かではない

3番目は資産1200万円(600万元)以上を持つミニ富裕層が1億人居て彼らが海外旅行を楽しんだり爆買いしている


だがその上に外国で不動産や会社を買うような富裕層が存在し、この人たちが今日本を舞台に新たな爆買いをしています

アリババ創業者のジャックマーは日本に数か月滞在していたと報じられたが、報道によると東京の一等地マンションのワンフロアを丸ごと購入したほか、元孫正義が所有していた箱根の別荘を購入したという

日本での逃亡生活用にも使えるが、誰かに貸せば収入になるのでおそらく不動産投資として購入したのでしょう

22年頃から中国人富裕層が日本の不動産を爆買いしているという報道が続いていて、東京はもちろん地方都市や田舎の観光地にまで手を伸ばしている

公式には中国から日本などへの送金は制限されているが、実際には手数料を払えば制限に関係なく日本に送金し不動産を購入している

その手口は中国国内で富裕層から仲介業者に送金し、同じ仲介業者は日本国内で自身の口座から購入した不動産業者などに送金する


成功しながら政府から逃げる中国の資産家
この方法だと両国の国内でしか資金が移動しないので簡単だが、業者は日中双方で多額の金を移動できなくてはならない

中国政府は資金流出を恐れて海外送金を厳しく制限するが、そうした制限が強化されるほど富裕層は資金を外国に移そうとします

それは中国の資産家が政府を信じていないからで、ある日逮捕され全資産を没収されたり、”行方不明者”になったり謎の最後を遂げたりする資産家が非常に多い

富裕層が日本に投資するのは投資で利益をえるという目的もあるが、もうひとつの理由は中国政府に没収されないように中国の勢力下では無い国に資産を分散している

さらにもうひとつの理由は日本に移住する為で、日本で事業をしていて問題なく居住していると他の国より簡単に永住許可が取れる


米メディアブルームバーグの記事では「今後10年間で温泉旅館の外国人所有率は4割程度になる」というほど中国人の日本への投資意欲は強い

日本は外国人の就労には厳しい規制を設けているが、一方で外国人の投資にはほとんどノーチェックで欧米よりも基準が緩い

日本で長期滞在が可能になる経営管理ビザ取得者は年間1万5000人いるが8000人以上が中国人で、渡航制限解除によって増加する

経営管理ビザで日本に移住実績を作って永住権取得、その後日本国籍を取得するのが王道になっていて、日本国籍を得ればもう中国政府の手の届かない存在になる

多くの中国人資産家は成功を納めながら常に中国政府を恐れていて、 とにかく失踪や不自然な最後、逮捕や拘束、違法行為による失脚と資産没収が非常に多い
https://www.thutmosev.com/archives/268064j.html
17:保守や右翼には馬鹿しかいない :

2023/05/25 (Thu) 18:54:32

中国から大量の難民がやってくる問題
2023年05月25日
https://ameblo.jp/tokaiama20/entry-12804538434.html

中国から大量の難民がやってくる問題

 現在、中国共産党は、習近平の超無能政策によって体制崩壊寸前の危機的状況にあって、中国民衆は中国における生活維持に絶望して、物凄い勢いで海外に逃げ出している。
 とりわけ、富裕層による海外密出国、移住の状況が凄まじい勢いだ。
 日本への移住を求めている中国人は、1000万人を超えるとの報道もある。

 富裕層だけでなく、まるで毛沢東による大躍進(大殺戮)運動を想起させる、「全土の農地転用強制」によって、強制的に畑を育っている作物ごと破壊されて悲嘆にくれる農民も難民化して、海外移住を強く求めているという。

 【中国・耕作地拡大】「私を死なせたいの?」泣き崩れる中国農家 習主席の“鶴の一声”
 https://www.youtube.com/watch?v=kUZ9Q4tNphk&ab_channel=%E6%97%A5%E3%83%86%E3%83%ACNEWS

 https://www.youtube.com/watch?v=FjaA74qMENc&ab_channel=%E6%97%A5%E3%83%86%E3%83%ACNEWS

 大躍進では、毛沢東が「雀を皆殺しにすれば大増産できる」と思いつき、中国全土の雀を殺させた結果、雀が食べてくれていた害虫の凄まじい繁殖によって作物が全滅し、5000万人が餓死したが、ほぼ同じことを習近平が再現している。

 中国社会の状況に詳しい妙佛のコンテンツ
 中国経済の明らかな低迷!ノービザの国から命がけの密入国が増加
 https://www.youtube.com/watch?v=kxydHkX8foA&ab_channel=%E5%A6%99%E4%BD%9BDEEPMAX


 じつはいま「日本への移住を望む中国人」が激増している…その「驚きの実態」
5/18
 https://news.yahoo.co.jp/articles/69e02c7c539fbcce21775c42ea58ab46a6e6f208

 いま、日本への移住を望む中国人が急増しているという。いったいどういうことなのか? 『中国人が日本を買う理由』を上梓した、ジャーナリストの中島恵さんが最前線をレポートする。

 「上海の厳しいロックダウン(都市封鎖)を目の当たりにして、このまま中国にいたら自分はどうなるんだろう、と思うと空恐ろしくなり、日本への移住を決意しました。急いで身の回りの荷物だけ持って、東京にやってきたのです」

 2022年末、私のインタビューにこう語ったのは、中国の大都市出身の29歳の男性だ。職業や経歴など詳しいことは書けないが、かなりの資産を持つ富裕層。ネット関連のビジネスで成功し、わずか数年で大金を稼いだ。

 その男性はコロナが始まってすぐの2020年初め、たまたま東京・豊洲にあるタワーマンションの一室(約58平方メートル)を約7000万円で購入していた。旅行や仕事で来日した経験があり、日本を気に入ったからだ。マンションを買った当時は、そこに腰を落ち着けるつもりはなかったが、中国の厳しすぎるゼロコロナ政策に「もう耐えられない」と感じ、決断したという。

 「出国時(2022年春)は、たとえ正式なビザや航空券を所持していても、イミグレーションで係員に意地悪をされて出国できない場合がある、との情報を複数の知り合いから聞いていたので、とても緊張したのですが、無事に出国できました。飛行機が離陸し、機内から中国の大地を見たときには、正直ホッと胸をなでおろしました」

 コロナ禍が一段落した今年のゴールデンウィーク期間中、中国各地はコロナ禍前を上回る人出で賑わった。日本から見ていると、中国社会は急速に活気を取り戻し、まるであの混乱などなかったかのように、人々は日常生活を謳歌しているようだ。

 だが、取材してみると、彼らの心の中に「ゼロコロナのときに味わった痛み、苦しみは、一生忘れることができない」「この国にいたら、苦労して築いた資産が、ある日突然、没収されるかもしれない」という気持ちがくすぶっており、この男性のように「日本に移住したい」「中国から脱出したい」と考える中国人が、水面下で増えているのだ。

 私は上海で2ヵ月に及ぶロックダウンが始まった当初の2022年4月末に、【いま中国で「海外移住」を考える人が激増中…習近平・共産党への反発が止まらない】という記事を書いたが、その中で、中国国内で「移民」に関する検索が急上昇している、という話を紹介した。

 「移民」の隠語は「潤」(run=ルン)で、英語の「run(ラン)」と同じスペルであることから、中国では「ずらかる」「逃げる」などの意味で使われている。SNSでも「移民」というワードを避け、「あなたは“潤”する予定ですか」などと使うことが流行った。

 ロックダウンの厳しさに耐えられず、もうこの国に見切りをつけようと考えた人が、ほぼ同時期に、大量にこのワードを検索したのだが、当時は物理的に身動きが取れず、検索するだけで終わった人もいた。また、早急に事を進めようとした結果、移民仲介会社にお金をだまし取られたり、所有していたマンションが希望価格で売れず、移住資金を確保できなかったりして、失敗したケースも多いと聞いた。
 だが、日本の中国系不動産会社、行政書士などに話を聞くと、コロナ禍が一段落し、個人ビザの発給が再開された今年の春ごろから、再びじわじわと問い合わせが増えているという。

 問い合わせの内容で多いのは、日本に滞在するためのビザの問題、そして不動産購入の話だ。冒頭の男性はまずビジネスビザで入国し、しばらくして就労ビザに切り替えたと言っていたが、最近、日本に移住する富裕層は「経営管理ビザ」を取得することが多い。経営管理ビザとは、日本で貿易、その他の事業の経営、またはその管理に従事する活動のための在留資格のことだ。

 経営管理ビザの取得者は、約10年前の2012年と比較して約3倍に増加し、2021年までのデータで約1万4000人にまで増加している。知人の行政書士によると、「マンションを10戸購入すれば、経営管理ビザを取得できますか」などの問い合わせもあるそうだ。

 また、不動産購入についても、ビザ取得と同時進行で進める人が多い。中国の大都市と比較すると、日本の不動産は激安だ。昨年はオンラインで購入していた人が、最近では来日して自分の目で見て購入するようになるなど、変化が生じている。

 東京都内で人気なのは、中国人が多く住む豊洲のほか、白金、虎ノ門、麻布など。子どもを通わせるインターナショナルスクールの近くの街を選ぶことが最近の特徴だという。日本留学経験者ではなく、これまで日本と接点のない富裕層は中国語か英語でコミュニケーションを取るため、そうした選択肢になるようだ。
 ところで、彼らはなぜ移住先として、日本を選ぶのだろうか。
 中島 恵(ジャーナリスト)
 https://gendai.media/articles/-/110363?utm_source=yahoonews&utm_medium=related&utm_campaign=link&utm_content=related

 コロナ禍にたいする中国政府のあまりに横暴な対応に、ほとほと愛想を尽かした中国人の一部は、「海外移住」を希望するようになっていた。
 その移住先として、今年の春ごろから「日本」が注目を集めていることは、「じつはいま「日本への移住を望む中国人」が激増している…その「驚きの実態」」で見たとおりだが、では、なぜ日本が選ばれているのか?

 『中国人が日本を買う理由』を上梓した、ジャーナリストの中島恵さんがレポートする。
 カナダ、イギリスより日本!な理由

 私の取材では、多くの中国人の移民希望先の上位は、これまでカナダ、イギリス、シンガポール、マレーシアなどだった。いずれも移民受け入れの実績が多く、英語が通じたり、中国系の人が多く住んでいたりして、言葉の問題が比較的少ないこと、子どもの教育上でも問題が少ないことが理由だ。

 だが、ある在日中国人不動産会社の担当者はいう。
 「カナダやイギリスは、英語は通じるものの、中国から遠くて、冬は寒い。シンガポールは中国語が通じるけれど、生活コストが高い。その点、日本は近いし、(生活コストが)安い、(子どもが1人で外出しても)安心、安全。食事も美味しくて、コスパがいい。政治的に安定していて、空気もいい。よく考えてみると、日本は三拍子どころか、五拍子、六拍子も揃っている、理想的な移住先なんです」

 「それに日本は、中国以外では、唯一漢字を使っている国。日本語を勉強したことがなくても、日本語の看板や標識をある程度理解できますし、顔つきも似ているので、街に溶け込みやすく、緊張感が少ない。気候風土、文化も似ています。
 その上、不動産の利回りも安定しているので、日本にいくつかの不動産さえ持っていれば、働かなくても定期的な収入が得られます。中国にも頻繁に帰れます。こうした観点から、最近は海外の中でも、とくに日本に移住したいという人が増えているんですよ」

 資産を移したい
 そして、彼らが移住を希望しているのは、中国政府によるゼロコロナやロックダウンだけが原因ではない。それらはあくまでも決断に踏み切るきっかけのひとつであり、理由はほかにもあるという。その理由のひとつが、2021年から始まった共同富裕政策(ともに豊かになる、という政府のスローガン)の影響だ。

 共同富裕は、経済成長によって生じた格差の是正を目的とするもので、とくに政府によってファーウェイやアリババといった巨大IT企業への締め付けが強化されている。富裕層や芸能人への目も厳しくなり、不正蓄財をした人の摘発、財産没収や資産凍結が始まる、との噂も飛び交った。

 人口約2500万人の上海には、およそ200万人の富裕層が住んでいると言われるが、彼らの中には、たとえ不正とは関係なくても、「とにかく不安なので、資産を安全なところに移しておきたい」という気持ちが強い。

 今年初め、私が取材した40代のある富裕層は、以前から投資目的で東京に複数の不動産を所有していたが、日本語がわからないため、本格的な移住には躊躇していた。だが、「だんだん中国にいることが怖くなってきて、家族とも話し合い、中国から最も距離的に近い日本への移住を決めました」と話していた。

 また、複数の移住者に聞いてみると、中国に対する不安はほかにもあるという。子どもの教育、医療、老後、情報統制などの身近な問題のほか、米中対立や台湾問題、国内政治の不透明さなど、その不安は多岐に渡るという。
 取材していて、私がとくに意外に思ったのは、彼らが日本に移住したい理由として「老後の不安」を挙げていたことだった。比較的若い人でも「老後、どこに住めば、精神的に落ち着いて生活できるか」について、真剣に考えていた。中国の脆弱な医療事情とも関係するが、中国に住んでいたら、いくらお金があってもよい老後を送れないのではないかと考え、悩んでいたのだ。

 2022年末、中国国内に住むある男性は、子どもが「頭が痛い」といったので、病院に連れていったところ、MRI検査をされたのち、再検査を求められた。その際、医者から「私の個人事務所に来れば、もっと詳細な検査ができますよ」と言われ、そこに行くように指示されたという。男性はその時点で「怪しい」と直感し、別の病院に連れていったところ、子どもには何も異常がないことがわかった。

 この男性が言う。
 「おそらくこの医者は、自分の事務所で再検査をするフリをして、高額な治療費を巻き上げようとしたのでしょう。これは、誰もが知っている大病院での話です。中国の病院はいろいろ問題がありますが、まさかいまだに医者が堂々とそんなことをしているとは……ショックでした。

 健康で、ある程度のお金があれば、この国には日本よりもずっとチャンスがあるように感じます。でも、いざ、こういうことに直面すると、この国から出ていきたくなるのです」
*************************************
 引用以上

 中国人1000万人が海外移住、日米などが人気
 https://www.youtube.com/watch?v=RETOSa4ldTs&t=1s&ab_channel=%E5%A4%A7%E7%B4%80%E5%85%83%E3%82%A8%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3

  中国人はなぜ日本に移住したいと願うのか!?360
https://www.youtube.com/watch?v=oN5wj2u1_p8&ab_channel=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%BE%E3%82%8B%E8%A6%8B%E3%81%88%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%B1%80

 日本へは、過去2年間で約80万人が中国から移住している。安倍晋三が、海外から「単純労働者」を移民させる政策を行ったことから、以来、東アジア各国から日本に大量の外国人移民が入っている。
 すでに300万人を超える海外からの移住者が永住権を取得している。
 https://globe.asahi.com/article/13996571

 だから、私の住む中津川市でも、付知や加子母のような田舎でさえ、スーパーでは外国語が飛び交っている。
 今や、一歩外に出れば、ベトナム人、中国人など東アジア系の移民ばかりだ。
 だが、今、中国における移住希望者は、これまでとは数桁違う。1000万人を超える人が日本への移住を求めていて、かつてのボートピープルのような非合法移民事件が発生するのも時間の問題になっている。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AB

 これは非合法なものなので、中国から漁船に乗って数百万人の人々が日本海沿岸に上陸しようとするだろう。それを日本の治安当局や海保が、どのように扱うのか?
 まさか機関銃で皆殺しにすることはできないから、せいぜい食料を渡して追い返す程度だろう。だが、中国避難民の数は、そんな日本の治安や難民受け入れキャパシティを桁違いに超えて押し寄せてくる。

 大多数が上陸して、生きるために、さまざまな行動を起こして日本人の生活を侵食するのは確実であって、たくさんの殺人や強盗事件が発生するにちがいない。
 中国人は、日本人のような大人しい民族ではなく、生きるためなら沈没、遭難を厭わず小さな船で荒海を超えてくるのだ。
 そんな彼らと共存するのか、それとも排除するのか、我々は人生観、世界観のすべてを問われる事態になる。

 ウクライナからの避難民程度なら十分に受け入れて、温かいもてなしをすることができるが、中国人が1000万人というスケールで押し寄せたなら、阿鼻叫喚の事態になる。
 今の日本人の食料すら危うくなる。住居も多くは乗っ取られる。それこそ、押し寄せた地域では、国内避難民が出かねない。

 それが余計な心配=ただの被害妄想かといえば、実は非常に現実的な危機になっている。
 経済的に恵まれた富裕層は、合法的に入国してくるが、習近平政権に死ぬほど痛めつけられた下層民衆は、非合法なボートピープル以外の手段はない。
 たぶん100万人単位程度なら、日本各地の遊休地にテント村を建設して安全と食料を確保した上、中国に順次送り返すことになるが、キャパシティを超えた数では無理だ。

 移民の歴史を遡ってみれば、実は我々の先祖である「弥生人」は、呉越戦争で敗北した蘇州呉の住民がボートピープルとして九州に上陸し、邪馬台国などを建設した。(郭沫若)
 あの当時は日本列島全体で10万人もいなかったようなので、キャパシティは何の問題もなかった。しかし、今の日本には1億人以上が住んでいる。

 1700年ほど前、AD300年前後には、秦氏(弓月氏)が120県=20万人の民を連れて山陰・北陸に上陸し、京都を埋め立てて新しい大和王朝を開いた。
 歴史というものは巨大な移民集団によって作られるものだ。もしも、中国から数百万単位のボートピープルがなだれ込んできたなら、日本の歴史は根本的に変化してしまう。

 また「ボートピープルを保護する」という名目で中国軍が侵入してくる可能性もある。
 そして、これから日本列島には巨大震災と戦争の危機が押し寄せてくる。
 この予想が、荒唐無稽な被害妄想で終わってくれるならありがたいが、たぶん実現してしまうような気がする。

 中国共産党が、大躍進時代の毛沢東路線を再現しようとしている以上、6億人口のうち1億人を殺した当時の政策(大躍進・文革)と同じことを習近平がすでに実行しはじめている以上、1000万人規模のボートピープルの侵入は覚悟する必要があるように思える。
 いったい、 どんなライフスタイルのビジョンを描いたら良いのか、今問われていると思う。

https://ameblo.jp/tokaiama20/entry-12804538434.html
18:777 :

2023/06/09 (Fri) 09:56:40

特番「平井宏治氏に訊く!土地も技術も中国に奪われるニッポン!参政党は何をなすべきか?」経済安全保障アナリスト 平井宏治 × 松田政策研究所 代表 松田学
2023/06/07
https://www.youtube.com/watch?v=qeMW-IZ8Lvo

<出  演>
 松田政策研究所代表 松田学
 経済安全保障アナリスト 平井宏治氏

<目次>
<前半:無料パート>
〇米・フロリダ州の中国人土地売却禁止法と農業安全保障
〇LGBT法案が皇統を破壊する理由
〇狙われるニッポンの土地 北海道事例から
19:777 :

2023/06/12 (Mon) 11:51:22

【Front Japan 桜】亡国の移民受入拡大 に舵を切った岸田政権[桜R5/6/12]
キャスター:室伏謙一
https://www.youtube.com/watch?v=t7Vm-EPyh8Q
20:777 :

2023/06/17 (Sat) 17:16:19

黄昏の新シルクロード、カナダとイタリアが離脱を表明
2023.06.17
https://www.thutmosev.com/archives/279593yh.html

数年前カナダのトルドー首相は「次の超大国は中国だ」と言って子分のように振舞ったら子分扱いされた


画像引用:http://j.people.com.cn/n3/2016/0926/c94474-9119870.html 李克強総理がトルドー首相と中国・カナダ経済貿易協力フォーラムに出席–人民網日本語版–人民日報
カナダとイタリアが中国離れ

カナダのトルドー首相は2015年から17年頃に中国を次の超大国と呼びアメリカを「おいぼれ」と呼んでカナダではバスを乗り換えろが合言葉になった

英キャメロン首相やイタリア首脳もアメリカが没落し中国が超大国になると言って中国に接近し、NATOから離脱するとか解散するという議論も盛んに行われていました

そして欧州の多くの国がAIIBやいわゆる新シルクロード構想に参加したが、最近カナダとイタリアが離脱の意向を表明しています

イタリア政府は24年に期限を迎える中国との一帯一路協定を更新しないつもりだとアメリカに伝えたと広島G7前の5月に報道されています

広島サミットは反中ロ連合のようになり両国を批判する声明などが次々に出されたが、両国に配慮するフランスとドイツは不満を表明していました


22年のイタリア総選挙で首相になったメローニ女史は極右政党の党首だが、欧州の極右は「親中ロ・反米」の立場を取る人たちです

サミットで西側の団結を示したかった米国はイタリアに圧力をかけ、イタリア政府高官は一帯一路協定を更新しないだろうとアメリカに伝えた

G7で一帯一路協定を結んだのはイタリアだけで、アジアインフラ投資銀行AIIBには日米を除く5か国が加盟しているがカナダの離脱が報じられています

カナダのフリーランド副首相兼財務相は14日、中国が主導するAIIBにおけるカナダ政府主導の取引をただちに停止する方針を明らかにしました

同財務相はカナダ財務省に対し、最近辞職したAIIB職員が提起した疑惑の検証を直ちに行うよう指示した

リーランド財務相がAIIB活動停止を発表する数時間前、AIIBのカナダ責任者だったボブ・ピカード氏が同職を突然辞任した

カナダ国籍のピカード氏はツイッターで「AIIBは共産党員によって支配されており、想像し得る最も有害な文化の一つを有している。AIIB加盟が国益に資するとは思えない」と辞職の理由を発表した


中国に関わった人はこうなる
中国が国連などの国際機関を支配する手法についてFBIやCIAは以前次のように報告した事がある(要約)

中国は国連の例え駐車場の誘導係のような職でもあらゆる場所に職員を送り込み数で他国を圧倒し情報を得る

次に中国は有力政治家の息子や娘の結婚相手や友人に中国人を送り込み交友関係を支配し、必要なら金を貸したりもします

この手は日本の2世議員にも行われていて安倍晋三や小渕優子など有力政治家の子供には生まれた時から接触し、一生涯に渡って親密な関係を築き可能なら結婚相手も用意します

こういう何世代にも渡る支配が中国の外交活動なので、単純に賄賂を渡したり脅すようなものではなく、もっと深く精神的に一生涯支配します


気が付けば友人だと思っていた人や妻や夫すら、実は中国が送り込んできた工作員だったという事態が起こりえるわけです

中国からの移民に寛大だったニュージーランドやオーストラリアでは帰化した国会議員が2重国籍や中国のスパイ養成所教官だったような事が発覚しています

カナダのAIIB責任者(女性)に何があったかは不明ですが、利用する為に相手に恋愛感情を抱かせて支配するなどは中国にとっては朝飯前です

AIIBやシルクロード集会には多くの欧州の国が参加したがAIIBは今までに一度も参加国の議決を取るような会議を開いていません

事前に全てを中国が決定していて英仏独伊他の参加国には「賛成する権利」だけが与えられ、発言権すら一切ないという仕組みです

また最近数か月で世界数十カ国に中国が無断で警察署を設置し、警察署がある周辺で多くの在住中国人が失踪しているのが分かっています

カナダにも複数の中国警察署が存在しカナダ政府が調査して関わった中国領事を追放したが、当然中国は認めず逆にカナダを批判しています

また最近のカナダ国政選挙に中国が介入し情報操作したり間接的に金銭を渡したり配下の者に選挙協力させたと報道されています

なお日本の公職選挙法では在留中国人が選挙活動(ポスター張りなど)をしても合法なので、日本でもすでに選挙に介入している可能性が高い


中国と関わった人はこういう目に遭います。習近平から説教されるトルドー首相
https://www.youtube.com/watch?v=GAuIDD-80hk


https://www.thutmosev.com/archives/279593yh.html
21:777 :

2023/06/29 (Thu) 22:34:38


2023年06月29日
なぜ日本を選んだのか? / 計算高い外人に優しいジャーナリスト
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68918421.html

外人流入と内部崩壊を狙う左翼

Refuges Tamil from Sri Lanka 243Japan 581
(左 : 日本人が目指す未来社会 / 右 : 消えゆく旧来の日本 )

  既存の社会を変革するには、外部からの攻撃よりも、内部からの崩壊が一番。平成左翼は昭和左翼と違って、武装革命や反日教育で国民を変えようとは思わない。むしろ、“非日本人”たる外国人を増やして、“伝統的な日本社会”をぶっ壊そうと考える。これはまさしく「コロンブスの卵」で、日本人の意識を持たぬ異邦人を増やせば、何も苦労して“反日思想”を植え付ける必要は無い。例えば、日本人の子供に向かって、「君たちの祖先は、支那人を殺しまくった兇悪な侵掠者で、朝鮮娘を攫った強姦魔なんだよ!」と教えれば、何割かの子供は疑問を抱き、この“洗脳教育”に反撥するだろう。しかし、朝鮮人や支那人を始めとするアジア人の子供なら問題なし。彼らの祖先は日本人じゃない。たとえ、生まれ育った地元が神戸や川崎だって、その精神的故郷は日本から遠く離れたアフリカやアジアにある。こうした子供なら「日本罪悪史観」を聞いても抵抗はなく、ボケ~とした表情で「へぇ~、そうなんだぁ~」と素直に頷く。自分の両親や祖父母と関係ないんだから不思議じゃない。

  朝日新聞や毎日新聞、共同通信、NHKには、多民族主義で日本を変えようと目論む輩(やから)が混じっている。特に、非公式の“民族枠”で入社した帰化鮮人の子供は要注意。彼らは日本人だけで暮らしたい日本人を「民族差別主義者」と蔑み、“偏狭な国粋主義”に凝り固まった「右翼」と評する。国境破壊主義者が描く理想社会では、ベトナム人とかタイ人、トルコ人とかクルド人といった区別が無く、各個人が独自の伝統文化を楽しむ。デストピアの妄想を目指すジャーナリストは、色々な人種が混在する社会を“進歩的”と褒めちぎる。でも、自分が新居を構える時は、移民が寄りつかない高級住宅地を選ぶ。田園調布や白銀、南麻布、広尾、成城、青葉台なんかに支那人街やクルド人地区があるのか? こうした住宅地は、西川口や蕨市とは似ても似つかない。

  かつて、新聞記者は世間から「羽織ゴロ」と呼ばれたが、敗戦後はイメージが良くなり、「正義」を“売り”にする「弱者の味方」になった。家庭内暴力に怯える女性とか、助けが必要な身体障碍者、身寄りの無い寝たきり老人、貧困家庭に生まれ育った子供、日本社会で差別を受ける在日朝鮮人などは、新聞記者にとったら「飯の種」と変わりがない。不幸な人は絶好のカモ。「お涙ちょうだい物語」に欠かせない材料だ。

  つい最近、“良心派”を気取る朝日新聞の記者は、日本で生活保護を申請するガーナ人を紹介していた。この反日メディアによると、32歳のガーナ人たるシアウ・ジョンソン・クワクは、八年前、留学生として来日した。彼は自動車整備の技術を習得し、母国に伝えたいと欲していたそうだ。でも、何となく怪しい。どうして、ガーナから日本への留学なのか?

  トヨタやホンダといった日本の自動車となれば、そのエンジン部分や電子制御システムは複雑で、故障箇所の整備するとなれば、ある程度の予備知識が必要だ。しかも、日本語で習得するためには、相当な時間を費やさねばならない。もし、旧式の自動車を整備するだけなら、ケニアやエジプト、南アフリカ共和国でも学べるはず。「2級ガソリン自動車整備士」の資格を取るために、何年か日本語学校に通い、そのあと専門学校に通うとなれば、結構な学費となるだろう。日本人だって2級整備士を取るとなれば、約50%の人が不合格となるらしい。こう考えると、ガーナ人が来日して取得する意味があるのか?

  おそらく、シアウの本音は別のところにあるはずだ。記事は彼の家族関係を詳しく述べていないが、シアウには兄がいて、日本で車の輸出入会社を設立していたという。ということは、兄弟で日本に住み着き、アフリカへの輸出で儲けようと考えていたんじゃないか? シアウは兄貴の会社で働くかたわら、パン屋でも働いたというが、2019年、慢性肝不全に陥り、週3回の透析治療を受ける破目になったという。(石川友恵「外国人の生存権、どう保障する 生活保護を利用できるのは一部だけ」朝日新聞、2023年5月11日、および「病で困窮する外国人、生活保護の外 ガーナ人男性、利用求める訴え」朝日新聞、2023年6月20日)

  こうした事情から、シアウの在留資格は医療を受けるための「特定活動」に変わったそうだが、「国民健康保険制度」の掛け金を払う日本国民は納得しているのか? (「特定活動」すなわち医療滞在・告知25号」とは、90日以上滞在する外国人が、継続的に医療を受けるための資格である。)親子代々日本に住む日系日本人は、結構な額を払っている。例えば、地域や年齢で違ってくるけど、単身世帯で年収300万円の人は、だいたい21万から25万円くらい払っている。また、3人家族で年収350万の世帯だと36万円前後で、4人家族の世帯なら約42万円だ。年収1千万円くらい稼ぐ自営業者だと、ぼったくりバーに行った気分になってしまうが、医療と支援、介護保険料を合わせると、だいたい96万円から102万円を払う破目になる。

 「特定活動」の資格になったシアウは、日本での就労ができないばかりか、「国民健康保険」の被保険者になることもできない、とボヤくが、そもそも「国民」じゃない外国人が、「国民健康保険制度」に加入できないのは当たり前だ。ただし、窮地に陥ったシアウは、支援団体から生活費、約5万5千円(1ヶ月)をもらっており、これで家賃や光熱費、食費などを賄っているという。一応の治療が終われば、シアウは帰国せねばならないが、おそらく彼には「帰国」の考えは無いはずだ。案の定、シアウは2021年7月と11月に千葉市で生活保護の申請をしていた。

  ところが、彼の申請は二回とも却下されてしまった。こんなのは当然で、もし受理されたら、その方が問題だ。だいたい、現在の生活が苦しいのであれば、千葉県の市役所に行かず、西麻布にある駐日ガーナ大使館に行けばいいじゃないか! 朝日新聞の購読者は知能が低いから、逆のケースを想像できないが、もしもガーナで暮らす日本人が何かの病気に罹り、命にかかわる状態となれば、在ガーナ日本大使館に相談するだろう。正常な日本人は国際電話で実家に連絡を取り、「なるべく早く帰国するから」と伝えるはずだ。どうしてシアウは、本国の大使や家族に頼まず、外国の市役所に頼るのか?

  もし、透析治療が非常に高額なら、在日ガーナ大使が代わりに払ってやればいいじゃないか? どうして石川記者は在日ガーナ大使館に質問しないのか? シアウは「外国人にも生きる権利を保障してほしい」と訴えるが、日本人に訴えるより前に、先ず自分の同胞に訴えかけろ! そもそも、郷里の同胞や出身国の政治家が助けないガーナ人を、なぜ「赤の他人」である日本人が助けなければならないのか? 朝日新聞は販売部数が減ったくらいで嘆いているが、アジア諸国やアフリカ大陸の外人が心配なら、自社の保有資産で助けてやればいいじゃないか? それに、大株主や広告主に頼めば、50兆円は無理でも、600億か700億円くらいは出してくれるだろう。朝日の社員は庶民に「BLM(黒人の命も大切だ!)」と言っていないで、スポンサーに向かって「在日黒人の命も大切だ!」と言ってやれ!

「なぜ来日? どうやって日本に来たのか?」

Mochizuki 3(左 / 望月衣塑子)
  「豆朝日」と揶揄される毎日新聞の下には、くすんだ朱色の「東京新聞」が存在する。販売部数は少ないが、望月衣塑子(もちづき・いそこ)という“名物記者”がいるから結構“有名”だ。2019年には望月氏の著作を基にしたというC級映画、『新聞記者』が制作された。若手の女性記者「吉岡エリカ」役には、朝鮮人の沈恩敬(しむ・うんぎょん)が起用されたというが、この女優は日本で有名なのか? 同作品は2022年にNetflixでドラマ化され、米倉涼子を主演に迎えたそうだ。筆者は映画とTVドラマの両方とも観ていないから何とも言えないが、映画版の方は「日本アカデミー賞」の「最優秀作品」に輝いたそうである。(筆者は「映画好き」なんだけど、邦画に関しては詳しくないので、「へぇ~」としか言えない。)

  「底抜けのバカ」と言っては可哀想だが、ベテラン記者が集う記者クラブの中では、望月氏は空気を読めない“鼻つまみ者”となっているようだ。彼女が取り上げたのは、出入国管理庁に収監され、仮放免でシャバに出てきた外国人である。本来なら、彼らは合法的な滞在資格を失い、本国へ帰っているはずの異邦人。「観光ビザ」で入国し、「出稼人」として滞在し、ビザが切れたら「難民」か「失踪者」となる外人も少なくないから、入国管理は厳しくすべきだ。中には最初から不法入国を目論む者や、何度も難民申請を行って居坐る奴もいる。

  埼玉県戸田市に住む49歳の「なおみ(活動名)」は、2005年10月にスリランカ人のナヴィーン(40歳)と交際を始め、二人は2016年十月に結婚したそうだ。再婚となる「なおみ」には、前夫との間にもうけた10歳と2歳になる息子がいるらしい。「なおみ」の気持ちを理解したのか、二人の息子と彼女の母親は、二人の結婚に同意したそうだ。(望月衣塑子「『普通に暮らしたいだけなのに…』日本人配偶者の在留資格、取得に壁 入管制度の改善訴える女性たちの事情」東京新聞、 2022年6月10日 )

  ところが、2016年8月、ナヴィーンは入管施設に収容されてしまう。なぜなら、亭主のナヴィーンには、正規の滞在資格が無かったからだ。元々、ナヴィーンは戸田市の日本語学校に通う“留学生”であった。しかし、この学校が四ヶ月後に閉鎖になったので、彼の在留資格は取り消されてしまったという。ナヴィーンは「学校のせいだ」と入管に抗議したが、入管職員は相手にせず、学校側と本人の問題だ、と突き放したそうである。全国各地にアジア人やアフリカ人を集める「日本語学校」が存在するが、中には「搾取」を目的とした学校も多い。新聞社だって、この闇を知っているし、そこから利益を得ている。つまり、人手不足の新聞販売店は、違法と知りつつ「アジア人留学生」を雇い、超過勤務でコキ使っていたのだ。(出井康博 『移民クライシス』 角川新書、2019年の第一章「『朝日新聞』が隠すベトナム人留学生の不法就労」を読んでね。いやぁ~、新聞業界の裏や二枚舌やは凄いねぇ~。)

  本当かどうか判らないが、内戦が続くスリランカで2004年9月、ナヴィーンの父親は「反政府の政治家を支援するポスターを貼った」ことで、「政府側の人たち」から暴行を受けたという。だが、眉を顰めたくなるのは、以下の事情だ。

 父は「国を出た方が良い」と150万円の借金をして、息子を日本に送り出した。その直後、父は亡くなった。(上掲記事)

  ちょっと思考力のある日本人なら、「えっ! 借金をして日本を目指したのか?!」と驚いてしまうだろう。スリランカの国民が政府の方針に反対したり、政治活動をするのは彼らの自由だ。しかし、現状に不満なら祖国に残って政治活動を続けるべきだろう。でも、借金をしたり外国へ脱出する事は、日本国民の知ったことではない。だいたい、「政府側の人たち」とは誰なのか? スリランカ政府に勤める役人とか警察官、あるいは軍人とか治安部隊の手先なのか? なぜ役職や階級を曖昧にするのか? もし、民間人からの暴力なら、地元の警察に訴えるべきだろう。

  だいたい、なぜ自国の政府に不満だから、日本にやって来るのか? もし、スリランカを離れたいのであれば、隣国のインドへ逃れ、マドゥライとかタミル・ナードといった街に定住すればいいじゃないか? インドに向かっても、スリランカの政府組織が追ってくるのか? 「日本語学校」に入ったのは、「留学生」という身分の方が入国に都合が良いからだろう。最初から「出稼ぎ」とか「定住」と申告したら、入管職員から「門前払い」を喰ってしまうので、「日本語の勉強」にしたんじゃないのか?

refugees from Sri Lanka 213refugees from Sri Lanka 2744
(左 : スリランカからのボート・ピープル / 右 : スリランカ出身の難民)

  こうした外国人と交際したり結婚したりする日本人には、密入国や不法滞在を「軽い罪」と見なし、感情に訴えれば帳消しになると思っている。「結婚すれば、こんな目に遭わずに済むのでは」と「なおみ」は考え、結婚を利用してナヴィーンを助けようとしたが、これはカタギの日本人がすることじゃない。普通の親なら「馬鹿者!」と叱って大反対するぞ。

  とにかく、彼女はナヴィーンが「日本人配偶者」になれば、在留特別許可を得られるかも、と期待した。そこで、「なおみ」は仮放免の歳に保証人となり、2016年10月に婚姻届を提出したそうだ。彼女の計算では、日本人の夫になれば普通に働けるはずだったが、2017年2月、ナヴィーンは再び収容されてしまう。というのも、2013年に提出した「難民申請」が受理されなかったからだ。

  難民認定を得られなかったナヴィーンは、記者に対して不満を漏らす。「政治的な迫害を受けて出身国を出たのに難民と認めず、結婚しても収容される。この国に正義はあるのでしょうか」と。でも、借金をしてまで日本にやって来る時点で“おかしい”だろう。就労できないから、「日本語学校に通うために父が背負った借金150万円も返せない」と嘆くなら、最初からお金を借りず、インドやバングラディッシュで暮らせばいいじゃないか! 豊かな日本で生活したいと望むアジア人は、「政治難民」という名目で居坐ろうと目論む。

  アジア諸国というのは、常に政情が不安定で、独裁政治も多いから、「政治亡命者」になるのは簡単だ。警官や軍人に対して石を投げれば、それだけで「反政府分子」となれる。地方の役人に「どアホ!」と悪態をつけば、「反政府の活動家」となってしまうし、日本の役人が本当かどうかを確かめるのは困難だ。外務省や法務省の官僚が、申請者の本国に赴き、訴えている者が本当に「政治難民」かどうかを“いちいち”確かめるのか? 日本の役所には、ベトナム語やタイ語、ラオ語、パシュトゥー語、スワヒリ語、アシャンティ語を習得した専門家と調査官が何人いるのか?

Kurdish people 11migrant family from Africa 7244
(左 : ヨーロッパで暮らすクルド難民 / 右 : 「難民」と称する歐州のアフリカ移民)

  祖国での貧乏生活が厭になった若者は、友人や家族の支援を得て、歐米諸国か日本への“逃避行”を考える。つまり、計算尽くの移住だ。彼らは「日本語を学ぶ出稼人」となって、日本に“拠点”を作り、目出度く「帰化」となった暁には、兄弟姉妹を招き入れ、余裕があれば両親も呼び寄せる。左翼から同情される外国人は、昵懇の友人やブローカーの話を聞いたり、インターネットの情報に頼って「日本行き」を決めたりする。というのも、「日本人は甘っちょろいから大丈夫」と教えられているからだ。実際、日本には移民を支援する左翼団体が幾つもあるし、帰化手続きで儲けようとする弁護士も多い。入管の職員だってマスコミや政治家に弱いから、怪しい難民であっても特別在留許可を出してしまう。

  かつて、法務大臣を務めた森英介は、テレビ局の圧力に屈して不法入国のフィリピン人の密入国夫婦を優遇し、その子供に特別滞在許可を出した。民主党政権下で法務大臣となった千葉景子はもっと悪質で、不法滞在の外国人を通報するシステムに反対し、あろうことか「支那残留孤児」と血縁関係が無いのに、日系の血筋を騙(かた)る支那人姉妹に在留特別許可を認めてしまった。帝塚山大学に通う焦春柳(21歳)と大阪経済法科大学に通う焦春陽(19歳)は、退去命令取り消しの訴訟を起こしたが、最高裁はこれを却下。この敗訴が決定したことで、焦姉妹の両親と日本生まれの妹は支那へ強制帰国となった。

  日本や歐米を目指すアジア人には、家族ぐるみで不正行為をする奴がいる。でも、「人道主義」を掲げる日本の左翼は、移民や難民を厭がる国民を「右翼排外主義者」と罵り、違法行為の外国人を助けて天使」気取りだ。もし、朝日新聞の社員が偽造旅券をヤクザから購入すれば、即刻“解雇”なのに、支那人やフィリピン人だと各新聞社とも「人権に配慮しろ!」と叫ぶ。なぜか? それは、“一流新聞社”に勤める“エリート社員”には、平民とは違う“高度な倫理道徳”が求められるが、アジア人は“劣等民族”なので、厳格な倫理規定を要求してはならない、と思っているからだ。

refugee & migrant children in Europe 2324migrant girl in Europe 324
(左 : ヨーロッパの学校で学ぶ移民の子供達 / 右 : ヨーロッパ人と一緒に学ぶイスラム教徒の少女 )

  呆れてしまうけど、朝日や毎日新聞、NHK、在京キー局に潜む活動家は、巧妙な宣伝番組を作って「密入国や不法滞在といった軽い罪なら赦してやれ!」と仄めかす。最近、NHKが『やさしい猫』という難民支援ドラマを制作したが、原作者の中島京子なんて真っ赤な共産主義者じゃないか! テレビ朝日も犯罪者の外国人を擁護しており、「カルデロン一味の不法滞在」をヒントにしたのか、2011年、『ハガネの女』Season 2を制作し、初回2時間の特別エピソードを放送した。物語では、不法入国した両親が国外退去処分となり、その娘は3学期が終わるまで日本滞在を許される、という設定になっている。クラスの子供達や保護者、市民団体が不法滞在者の存在に抗議するが、主人公の女教師(吉瀬美智子)がイジメられた少女を護る、という筋書きだ。こうしたプロパガンダ作品を目にすると、本当に吐き気がする。

  話を戻す。 何割も腹立たしいは、偽装難民や出稼移民が、日本人との「結婚」を利用して特別在留許可を得たり、帰化申請を行ってしまうことだ。日本人は「人権」とか「夫婦の愛情」「親子の絆」といった言葉に弱いから、不正行為をした外国人でも直ぐ赦してしまう。たとえ、不法滞在の外国人を収容施設に閉じ込めても、左翼団体が大騒ぎするから、済し崩し的に「仮放免」の“大盤振る舞い”となってしまうのだ。人権派弁護士やリベラル派の政治家は、「愛する者同士を引き裂く入管法」とか、「人権無視の強制退去処分」とわめくから、自民党の政治家なんかは最初から腰砕けだ。

  そもそも、結婚で「罪の帳消し」なんておかしい。法務省の役人は、日本人配偶者が妊娠すると、その亭主を強制送還処分にできず、しぶしぶながらでも在留許可を出してしまうが、これには納得できない。もし、こんな“お目こぼし”が横行すれば、たとえ入管職員を騙し、不法行為を継続しても、結婚相手を孕(はら)ませれば処罰されない、ということになるからだ。別のケースを考えてみれば解るじゃないか! もし、一般国民が百貨店で万引きをした場合、妊婦であったり、子持ちの女性だと判明すれば、罪に問われないのか? 大抵、出口を通過した際に窃盗がバレると、警備員に捕まってしまい、泣きながら反省しても警察官に通報され、最終的にはパトカーに乗って連行される、というのがオチだぞ。「幼い子供がいるから、窃盗罪がチャラになる」と考えるのは愚かだ。

  望月衣塑子や左翼議員、例えば、立憲民主党の石川大我・参院議員や日本維新の梅村みずほ参院議員などは、矢鱈とアジア人労働者や不法滞在者に同情的だ。移民や難民を擁護する左翼分子は、テレビ局や新聞社だけじゃなく、大学にもウジャウジャいる。例えば、東北大学准教授の吉永希久子や上智大学教授の稲葉奈々子、お茶の水女子大学名誉教授の宮島喬、筑波大学名誉教授の駒井洋、名城大学教授の近藤敦、明治大学教授の山脇啓造など、ウンザリするほど多い。翻って、「移民や難民を排斥せよ!」と訴える教授なんか絶無で、アジア移民による弊害を講義する教授だって存在するのかどうか、疑わしいくらいだ。我が国の大学はある意味、「洗脳サティアン」と化しているので、常識的な学生だって知らず知らずのうちに「移民容認派」となってしまう。

 支那人による土地の爆買いや朝鮮人支配の政界、ベトナム人コミュニティーの誕生などが顕著になっても、日本列島が沈むことはない。だが、昭和生まれの国民が知っている「日本」は徐々に消え去って行く。子や孫を持つ中高年の日本人は、相続税や贈与税の非課税枠、墓石の種類、ペットの将来、仏壇の値段ばかりを気にするが、「家族の思い出アルバム」を作っておいた方がいい。幼い孫が大人になった時、自分の祖先が「日本人」であったことを懐かしむから。
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68918421.html
22:777 :

2023/06/30 (Fri) 11:30:54

オーストラリア人口の51%が移民になり国を出ていく白人たち
2023.06.30
https://www.thutmosev.com/archives/282185vs.html

シドニーのチャイナタウン


画像引用:https://en.wikipedia.org/wiki/Chinatown,_Sydney Chinatown, Sydney – Wikipedia
関連動画が記事下にあります

すさまじい速度で人種交代

オーストラリアは移民に寛容な国で日本から留学や移住する人も多く、実際に年25万人もの移民を受け入れています(2017年から21年平均)

これはコロナで移民が減少した期間が含まれていて22年以降は毎年30万人以上、移民は平均年齢が若く出生率も高いので、移民が35万人だと人口を年50万人増やすと言われています

2000年に約2000万人だったオーストラリアの人口は20年に2500万人、さらに2033年には3000万人、その後10年ごとに500万人づつ増えるという予想もされています

移民政策を続けるのが条件で年間30万人から40万人の移民を受け入れると移民が子供を産むことで年50万人ほど人口が増えるそうです

こうして20年ほど前に遅れた不況の国だったオーストラリアは資源ブームもあって超好景気の国になり、外からはとても魅力的な国に見えています

だがこの数年オーストラリアの現状に絶望して外国に移住する人が増えていて、従来の国民だった白人が国外脱出しています


オーストラリアは建国以来白豪主義で知られていて南アフリカのアパルトヘイトよりマシだが、移民は白人に限るという政策をやっていました

だが最新の調査によると総人口約2,550万人のうち自身か親が外国出身の割合が51%に達し、国民の過半数が移民になりました

2016年の統計では移民数691万人(期間は不明)の出身地はイングランドとニュージーランドが157万人(約23%)で他はアジアやアフリカからなので移民の78%が非白人だったと思われます

ウィキペディアにはオーストラリア人口の92%が白人と書かれているがそれは過去の話で首都シドニーはアジア人だけで約30%、白人比率は50%を切ろうとしています

欧米やオーストラリアでアジア人への暴力などが話題になるがそうした問題が起きるのは例外なくアジア人が急増して白人が急激に減少している地域です

例えば日本に毎年100万人の中国人や韓国人が移民して日本人が少数人種になっているとしたら、文句のひとつも言いたくなるのは自然です


弥生時代の50倍の速度で移民増加
日本では縄文末期(約3000年前)から弥生時代にかけて渡来人が移住して縄文人と合流して弥生人になり最終的にヤマト人種になるという人種の変化がありました

移住してきた渡来人は数十万人に達し縄文末期の人口は8万人だったので、そこに数十万人の渡来人がやってきたという教育を受けた人も居ると思います

だが渡来は1000年以上の期間続いたので1年1000人として1000年で100万人、それでは多すぎるのでせいぜい年数百人の渡来だったと推測されます

実態としては年間百人程度の渡来人が九州や大阪に移住してきて、従来の縄文人や弥生人と合流していったというのが縄文末期から弥生時代の渡来でした

オーストラリアの場合たった20年で人口の50%が移民になった訳で速度は弥生時代の50倍速、このペースだともう20年で人口の多くが移民系に入れ替わります

これほど早いと変化に適応できない人や拒絶する人も出て来るわけで、オーストラリアやドイツから国外に移住する白人が多い


ドイツでは最近新生児の50%が移民系になり10歳以下の子供の40%が移民系、全国民の25%以上が移民系になったと発表されました

メルケルと政府は「大成功した」ともっと移民を増やしていますが、そんな自国に嫌気が差したドイツ”先住民”数百万人がドイツ以外の国に移住し、ドイツの移民比率はさらに上昇しました

1980年代前半に移民はゼロだったがベルリンの壁崩壊、東西統一とEU成立で移民が自由に入国できるようになり今やドイツの全住人の30%近くが移民になった

2011年9月から2017年9月までの6年間にドイツ人は84.6万人減少、外国人は328.1万人増加だったがドイツ国籍取得した移民がかなり居たのに総人口はほとんど増えていません

それだけ従来ドイツに住んでいたドイツ人が外国に移住したという事で、ドイツや北欧では「移民を禁止するべきだ」と言っただけで良くて公職追放、悪ければ刑務所に入れられます

オーストラリアでも同じ事が起きていて、「祖国が破壊されるのを見たくない」という理由で欧米諸国や東南アジアや日本に移住を希望する人が増えています

日本で移民が多数になって神社や寺が壊されて外国の宗教に建て替えられているような現象が、移民が多い欧米社会で起きています

オーストラリアでは白人は92% を占めていたのに今後1世代で少数派になろうとしているので危機感や反発も強い
https://www.youtube.com/watch?v=lcb1u_dxDhs

https://www.thutmosev.com/archives/282185vs.html
23:777 :

2023/07/07 (Fri) 03:39:02

【特別番組】『中国による侵略で北海道と日本は滅ぶ』岡山講演会 [R5/7/6]
https://www.youtube.com/watch?v=1p7v41V2tTc

令和5年6月4日に岡山県護国神社で行われた講演会の模様です。

講師:小野寺まさる(元北海道議会議員)
24:777 :

2023/07/18 (Tue) 08:19:41

失われる宗教、言葉、尊厳 … 記者が見たウイグルで進む「漢族化」の実態
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14130748




コーカソイドだった黄河文明人が他民族の女をレイプしまくって生まれた子供の子孫が漢民族
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14008392

対外戦争で勝った事が一度も無い中国とロシアはこういう手口で領土を乗っ取る
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14018754

中国からスリランカへの融資は最初から破綻させて国を乗っ取る目的だった
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14022340

異教徒は「人間」ではないので殺してもいい
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/798.html




画期的なウイグル通史がついに発刊! / 臓器ビジネスの闇[R5/4/8]
https://www.youtube.com/watch?v=XAFeE7ZUruU

ウイグル人のルーツ~トルグン・アルマス氏が明らかにしたもの
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14076074

ウイグル人の生証言ー中共の人類史上最も非道な政策
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14040584

チベットでも行われた文化大革命
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14037917

なぜモンゴル国で弾圧が続くのか
https://www.youtube.com/watch?v=nVs-pqudXtU

中国共産党の臓器ビジネスのターゲットにされている日本人
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14068039

カンボジア大虐殺 _ 世直しの為に毛沢東思想を忠実に実行したポル・ポト
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14037915

カンボジア大虐殺はクメール人によるベトナム人の虐殺だった
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14053557

雲南省のモスクで民衆と警官隊が対峙
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14117090

中国には寺も仏像も僧侶も居ない
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14050518

中国が仏教を禁止し無数の仏像を取り壊している
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/517.html




中国の信用スコア _ ある点数を下回ると行動制限され社会システムから排除される
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14128166

中国 農管による農民支配の徹底
https://www.youtube.com/watch?v=bWydtG4NqaE

中国の農村に再び管理強化の兆候!農管跋扈、鶏一羽の処分も報告せよ
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14106786

中国最新事情 - 内田樹の研究室
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14089049

中国には50万人のネット監視部隊が居て、24時間国民を見張りAIによるネット監視
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14052974

中国は欧米に50か所以上の警察署を設置し在外中国人を管理していた
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14061487

グレートリセットがもたらす恐怖社会  中国のスマートシティ
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14091100



中国共産党による格付け社会
http://www.asyura2.com/20/reki5/msg/1135.html

自称共産国家の中華人民共和国が世界史上最悪の階級社会になった理由
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/354.html

中国は世界史上最悪の階級社会
http://www.asyura2.com/17/lunchbreak54/msg/269.html

妙佛 DEEP MAX 習近平の「共同富裕」が実現するはずない簡単な理由
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14060321

【河添恵子】酷すぎる...中国人の民度とモラルの低さには驚きました
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14008379

「弱きをくじいて強者を助ける」のが中国のヒーロー
https://a777777.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14054873

儒教には神がいない。だから嘘に罪悪感を抱かない。
https://nihonsinwa.com/page/881.html
25:777 :

2023/12/30 (Sat) 20:34:48

中国によるチベット侵略 実態は裏切り、怠慢、無能
2023.12.30
https://www.thutmosev.com/archives/75569810sss.html

共産党はチベット元首を勝手に任命して「要請された」ことにした。チベット側では裏切りや怠慢が続出した

Bundesarchiv_Bild_135-S-12-01-24,_Tibetexpedition,_Pilger
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cb/Bundesarchiv_Bild_135-S-12-01-24%2C_Tibetexpedition%2C_Pilger.jpg
チベット侵攻

ロシアは2022年2月にウクライナへ侵攻し「1000年以上前からロシアの領土だった」と言い「ウクライナというテロ組織がロシアの一部を占領している」とも言っているが中国も台湾への侵攻を予告している

中国は秦の始皇帝からこの手の領土略奪はお家芸であり、侵攻されそうな台湾(中華民国)も1945年に日本の敗戦を悪用し沖縄と九州を占領しようとしました

だが国内の共産党軍に連戦連敗して全ての領土の支配権を失い、アメリカ軍によって台湾島へ運ばれてそこでも弾圧で数十万人の島民がなくなった

台湾(中華民国)は事ある毎に被害者ヅラをしたり日本に助けを求めようとするが、南京事件を引き起こして「日本がやった」と今も言い触らしているのが台湾です

それはさておきチベットという国がかつて存在したが建国間もない中華人民共和国によって踏みにじられ、国民数百万人がなくなり今も過酷な支配下におかれている

中国共産軍はロシアがウクライナにしたように、1950年に突如チベット国の併合を宣言し武力侵攻によって中華人民共和国の一部にした

1949年に毛沢東の共産党が中華人民共和国を建国し、1970年代にソ連だけでなく西側諸国が台湾を見限り次々に共産中国を承認した

1971年に米ソのパワーゲームによって中国が常任理事国になり中華民国は国連から離脱、すべての国連加盟国が中国のチベット所有を認めた

1950年1月1日に、中国国際放送は「パンチェン・ラマ10世の要請により、中国人民解放軍はチベットを解放する」と放送しダライ・ラマ14世はこれを否定した

チベット王は世襲ではなく民主主義のように各地域や勢力が指導者の候補を出して最高指導者を決めるが1940年にダライ・ラマ14世が即位した

ダライ・ラマ14世に対抗して1949年に中国が仕立てた傀儡がパンチェン・ラマ10世で、例えて言えば中国が在住日本人から勝手に「天皇」を任命したのに等しい

最高指導者が世襲で息子が相続する制度ならそうならなかったが、民主制度では例えばロシアがウクライナ大統領を任命する事もできてしまう

パンチェン・ラマ10世は占領したチベットの指導者に据えられたが、用済みになると逮捕されその後1989年に不審死を遂げている

チベット政府は無能で愛国心はなかった
1950年に2万人から4万人という少数で中国は侵攻を開始し、数千人のチベット軍と義勇軍が応戦したがすぐに内部抗争を初めかなりの部隊が投降した

また侵攻されているチベット政府は無能そのもので、体面を保つためなのか侵攻されているのを隠し外国に助けを求める事もせず、質問されても侵攻されたのを否定したりしていた

一方毛沢東の中国はチベットで歓迎される様子を写真付きで世界のメディアに宣伝するなどしたため、「チベットの合意の下で進軍しているのではないか」という解釈も成り立った

こうしてチベットは全世界から捨てられ、最初から存在しなかったことになったが、中国人がどのような手口で他人の土地を奪うかを振り返ってみる

これから沖縄や石垣島は中国の一部になるかも知れず、沖縄知事を始めとする一部の琉球人は中国に軍事占領されるのを望んでいる

共産中国はチベットは侵略ではなく「解放」したのだと今も主張しているので、沖縄を侵略した中国軍も「解放」したと主張するでしょう

侵略前のチベットは1720年代に清国軍の侵略を受けて東部チベットは長く清の統治下にあり、1800年代には中国化が進んでいた

1911年に辛亥革命で清が滅んで中華民国が成立し、清が滅んだ機会にチベット政府は反抗を開始し東部チベットを奪還した

チベット政府にとってラサがある中央チベットが「本国」で、東チベットは中華民国と国境をめぐって争う状況が1930年代まで続いていた

1937年に日中戦争が勃発すると中華民国軍は敗走を続け、日本軍と戦わず逃げ回る戦略を取った共産軍が勢力を温存し優位に立った

日本は第二次大戦の敗者になったが、毛沢東は日本軍と協力して巧みに民国軍を追い詰め、ついに1949年に中国全土を統一した

共産軍がチベット東部に侵攻したのは中共内戦もほぼ決着がついた1950年で、翌1951年に占領を完了し「チベットが大祖国に復帰する」というプーチンの妄想のような協定を締結した

伝統的な中国の手法
共産軍は中国の占領地域で生まれたパンチェン・ラマ10世を即位させチベットの国家元首に仕立て、パンチェン・ラマ10世の要請により、中国人民解放軍はチベットを解放すると宣言した

中国はパンチェン・ラマ10世こそ正式な元首であり、ダライ・ラマ14世のチベット政府は反乱軍に過ぎないとしていた

中央チベットへの本格侵攻は1950年10月から行われ、わずか2週間で首都ラサを占領した

チベット側は正規軍と義勇軍を合わせても1万人以下、中国側は3万人以上で、装備や戦力にはもっと差があった

チベット政府は最後まで共産党軍が首都ラサまで侵攻すると考えておらず、助けてくれそうなインドや欧米にも支援を求めなかった

国土全てが共産軍に占領されてからやっと共産党の意図に気づき、国連などで訴えたがそれまでは「侵攻などされていない」と反発すらしていた

チベット政府は国民党政府と同じくらい腐敗し、無能で役立たずだったが、せめてウクライナのゼレンスキーくらいであったら今も存続していた可能性が高い

一度共産軍に占領されてしまえば全てが手遅れで、中国は「自国の領土」と言い張り、外国人を遠ざけてチベット人を弾圧し中国人の入植を進めた

写真や映像で「解放軍を大歓迎するチベット人」のような証拠を創作したり、「わたしは中国人です」と主張するチベット人を宣伝に利用した

こうしている間にチベット人300万人以上が命をうしない、 中国人を入植させて中国化を進めた

https://www.thutmosev.com/archives/75569810sss.html

  • 名前: E-mail(省略可):

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.